日記・コラム・つぶやき

真に教ふべきことありて…再び

前任校において,本年5月10日に実施しました生徒・保護者向け「人権教育講演」(テーマ:インターネットにおける人権侵害の現状と課題)および9月24日に実施しました2年生対象「性教育講演」の内容を録音したものをmp3ファイルにしました。興味のある方は,ダウンロードしてお聴きくださればと思います。→;「人権教育講演・性教育講演」
「生物教師の作品集」『いのちのエイズ教育』(完全収録済)は,こちらです。
「生物教師の生物学講座」(ユニークな言葉づかいによる生物学の解説)は,こちらです。

いよいよ目前に迫った26日(日),講演を行います「高校教科『情報』シンポジウムin九州」の詳しい内容です。→;「高校教科『情報』シンポジウムin九州」

現在,ベスト10入りを果たしているブログランキングです。引き続き応援よろしくお願いいたします。「1位」「1位」 「1位」「1位」「3位」

今日,一年生の「情報B」の授業で,今日の情報社会における情報発信について説明している時に,ふと,2005年10月 7日 (金)付のこのブログの記事でみずからが書いた内容を思い出し,生徒さんたちに説明しました。

それが吉田松陰の「師弟論」の中の次の一節です。

大抵師を取ること易く
師を選ぶこと審かならず。
故に師道軽し。
故に師道興さんとならば、
妄りに人の師となるべからず、
又、妄りに人を師とすべからず。
必ず真に教ふべきことありて師となり、
真に学ぶべきことありて師とすべし。

当時の記事にも書きましたように,この言葉を私が深く記銘するようになったのは,教師に成り立ての頃,私を導いてくださった一人の先輩教師の影響でした。現在,生き方の土台ともなっている「禅」へと私を導いてくれた方でもあります。本当に自己に厳しく,他人にやさしい,先生らしい先生でした。白血病に冒され,誰からも惜しまれながら他界され,早11年半の歳月が流れました。出会った当時,生意気な若造だった私も,もうすぐ先生の享年に追いつこうとしています。

今日は夕刻から,先生の導きで加入した教職員団体の会議に参加しました。2月の研究大会に向けて,「携帯電話と情報モラル」に関する研究チームに招かれ,今日が2回目の会議でした。

県庁地下にあるその一室は,亡くなられた先生が,組織の長としての任務を全うすべく,発病のまさにその時に至るまで,専従として日夜働いておられた場所でもありました。私は青年部の長として,4年間仕事をともにさせていただきました。

当時,深夜まで一緒に過ごしていた場所にいて,はるかな思いに浸ると,今にも時間を超えて,坊主頭だった先生の,屈託のない笑い声が聞こえてきそうに思いました。ふと本棚に視線を動かし,目に飛び込んできた1冊の本の背表紙は,そんな私の思いをふいに現実へと引き戻しました。それは,まぎれもなく,当時私も一文を寄せた,先生の「追悼録」に他ならなかったのです。

「去る者日々に疎し」と世に言いますが,本当に大切な存在だった人のことは,けっして月日がたっても忘れることはないのだと改めて感じさせられます。

3年前,吉田松陰の「師弟論」をこのブログで取り上げ,

必ず真に教ふべきことありて師となり、
真に学ぶべきことありて師とすべし。

       を

必ず真に教ふべきことありて発信者となり、
真に学ぶべきことありて受信すべし。

ともじりました。

今日の授業では,そのことを一番伝えたかったのです。こうして,ブログを開設し,「チラシの裏に書いても…」といったたぐいの日記を書き並べることは誰にでも簡単に出来ます。ブログランキングのサイトを一瞥しただけで,その手のブログは山ほど見つかります。

技術的には,誰でも簡単に発信者になれる現代だからこそ,常に謙虚さを失いたくないものだと思うのです。私の書く内容にしても,ともすれば,「チラシの裏」に成り下がってはいないかと,忸怩たる思いを抱きはしますが,「ハート」の声に従って,今日も駄文を書き並べてしまいました。

明日の午後はいよいよ修猷フェスト,夕方からは北九州です。週末どんなドラマの数々が私を待ち受けているか,すごく楽しみです。私に出来る唯一のことは,その時,その時の,瞬間を最大限楽しむことですから,自らの務めを果たしながら,ゆっくりと時を味わい尽くしたいと思います。

各種ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は,左のブログランキングのところをクリックしてください。どうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

長い眠りより,ついに目を覚まします

前任校において,本年5月10日に実施しました生徒・保護者向け「人権教育講演」 (テーマ:インターネットにおける人権侵害の現状と課題) および9月24日に実施しました2年生対象「性教育講演」の内容を録音したものを mp3ファイルにしました。

興味のある方は,ダウンロードしてお聴きくださればと思います。

→リンク先 「人権教育講演・性教育講演」

ファイル名「平成20年度人権教育講演.mp3」,「平成20年度性教育講演.mp3」

「生物教師の作品集」『いのちのエイズ教育』(完全収録済)は,こちらです。

「生物教師の生物学講座」(ユニークな言葉づかいによる生物学の解説)は,こちらです。

2年近くの長きにわたって,更新を怠り続けたこの「生物教師の情報教育奮闘記」のサイトにたびたびご訪問くださいました方,そして会うたびに「先生のブログ,大変勉強になります。更新を楽しみに待っています」と言って,私を励まし続けてくださいました方,本当にありがとうございました。近々更新有りの期待感もあってでしょうか,登録しておりますブログランキングの中には,登録481ブログ中1位・418ブログ中2位にランクインしているものもあります。
;「ブログランキング(blog rank7)」
;「ブログランキング(くつろぐ)」
大変ありがたいことだと思い,ブログ再開への意欲をますます掻き立てられます。

3年半前このブログを始めましたのは,生物教師である私が,新設校の学校づくり,学科づくりを任され,大きく我が国をリードする情報教育をやってみせるぞという気概の表れとして,日々の実践を書き綴ることを自分に課したからでした。所期の目的を達成できたという訳ではなかったのですが,公的な仕事が十分にこなせていない身なのに,私的なブログに貴重な時間を割くわけにもいかないといった心境の変化もあり,長らく休止するという形になっておりました。

さて,ここを訪問される方の中にはすでにご存じの方も多いと思いますし,先にプロフィールに目を通していただいた方もおられるかもしれませんが,私・生物教師は,本年4月1日付けで母校でもあります普通科高校に転勤になり,再び本来の生物担当に戻ることができました。もちろん,情報も普通教科情報(情報B)という形で関わり続けてはおります。

現在の心境を一言で書きますと「幸せ」の2文字に尽きます(笑)。私がこの世に生を受けたのは,次代を担う若者たちに「生物」の魅力を伝えるためだと本気で思っています。校舎が建て替わりはしましたが,自分が生徒として学んだ学校の教壇に教師として立ち,前任校に勤めていた3年半の間,本当に夢にまで見た「生物」を教えることができる境遇となり,まさに水を得た魚のごとく全力で授業をしています。

4月当初「生物」の授業に3年半のブランクが開いていると聞いて不安がっていた生徒さんたちも,すっかり私に対して信頼感を抱いてくれている様子が手に取るようにわかります。教師冥利に尽きる日々を送っていると書けば,私の心の中の喜びを少しはお伝えすることができるでしょうか。

以前から,このブログの中で,あるいは各種論文等で主張してきましたように,私は教師の役割は,技術磨きに始まり,技術磨きに終わると思っています。人間性うんぬんははっきり言って二の次です。よくたとえに出しますのが,私自身多数の生徒さんを送り出してきた医療現場の一コマです。注射等の医療行為に関する技術は下手だが,人間性はきわめて素晴らしい医師・看護師と,人間性にははっきり言って?がつくが,注射等の医療行為に関する技術は右に出る者がいない医師・看護師とどちらが患者の信頼を得られるでしょうか。何度も何度も注射を失敗し,そのたびに痛い思いをする医師・看護師(実際に私自身,そういった体験は少なからずあります(笑))が患者から全幅の信頼を置かれることはまずないでしょう。私は,学校現場も同じだと思っています。

今,この瞬間,我が国のすべての学校に勤務する教職員が,徹底的に技術の重要性に目覚め,努力し始めたら,教育は根底から様相を変えることだろうと思います。生徒にとって,毎日6時間拘束される授業の時間が楽しいかどうかは,大げさに書けば死活問題です。6時間のうち4時間楽しい授業があれば,生徒は学校自体も楽しいものになるでしょうし,2時間しかなければ反対に苦痛で仕方がないものになるでしょう。この2時間/4時間の分け目こそが学校活性化の最大の鍵だと私は信じています。教育の荒廃について昨今いろいろと取り上げられますが,根底に横たわるのはそこではないでしょうか。

かつて「生物」を担当した教え子さんと話をする機会が多い私なのですが,皆異口同音に,「先生の授業楽しかった!」と言ってくれます。その言葉こそ,私が常に待ち望むものであり,私の活力源でもあります。日々,楽しい授業を求めて,私・生物教師は,「生物」も「情報」もたゆまぬ修練を重ね,より高度な授業技術習得をめざして努力し続けます。どうぞ応援してください。

各種ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は,左のブログランキングのところをクリックしてください。どうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)