« オセロ強いですねぇ……(汗) | トップページ | ネズミさんも一緒に奮闘中です(笑) »

「教科書」への格別の思い-型から入り型から出る-

前任校において,本年5月10日に実施しました生徒・保護者向け「人権教育講演」(テーマ:インターネットにおける人権侵害の現状と課題)および9月24日に実施しました2年生対象「性教育講演」の内容を録音したものをmp3ファイルにしました。興味のある方は,ダウンロードしてお聴きくださればと思います。→;「人権教育講演・性教育講演」
「生物教師の作品集」『いのちのエイズ教育』(完全収録済)は,こちらです。
「生物教師の生物学講座」(ユニークな言葉づかいによる生物学の解説)は,こちらです。

来る26日(日)に講演を行います「高校教科『情報』シンポジウムin九州」の詳しい内容です。→;「高校教科『情報』シンポジウムin九州」

現在,ベスト10入りを果たしているブログランキングです。応援よろしくお願いいたします。「1位」 「2位」「3位」「3位」「7位」

今日は,事前にお願いして「生物」の教科書編纂に著者として関わらせていただいております会社の担当の方に来ていただき,半年間実際に授業で使用して改善すべきだと感じた箇所の指摘をしました。その中には,5年以上前の手書き原稿の段階から,繰り返し繰り返し目を通してきたはずなのに,なぜこんな問題に気づかなかったのだろうと思う箇所も多々ありました。会社の担当の方も私同様の感想を述べてもありました。

私は,教師になって以来,教科書に対しては格別な思いを抱いてきています。学校教育の成否(このような表現を私自身は好みませんが便宜上使わせていただきます)の鍵は,教科書が握っていると機会あるたびに主張しても参りました。私の担当する教科は,「理科」・「情報」ですので,「地歴・公民」の教科書をめぐり,中国・韓国等の国家間でとり立たされる,いわゆる教科書問題のことは念頭に置いておりません。純粋に授業で用いる際の成果という意味です。

よく「教科書を」教えるのではなく,「教科書で」教えるのだと言われます。それは,確かに正論ではあるのですが,一方で,教科書を使うのが苦手な教師,教科書を離れて好き勝手に教えたい教師の免罪符としてこの言葉が使われている向きもあるのではないかとにらんでいます。「型から入り型から出る」という言葉があります。私は「教科書を」教えてきた教師こそが,時に「教科書で」教えることもできるのではないかと思います。特に若い教師の方に対して強く警鐘を促したいのです。いったん我流が染みつくと,それから抜け出るのは大変だからです。

私はよく教科書の一言一言をなめるように(笑)使うと言います。事前の教材研究で,そして授業の最中も,そのぐらい徹底的に教科書の内容を精査し臨むのです。必然的に板書内容も洗練されたものになり,それを写す生徒さんのノートも学習効果の高いものになります。いずれノート作りの取組についても,このブログで詳しく紹介したいと思うのですが,私が,年度初めのオリエンテーションで生徒さんに必ず言う言葉があります。それは,「ノートこそお金では買えない世界でもっとも優れた参考書」というものです。現在,定期考査に併せて検査をするたびに,見事としか言いようがないノートの数々が集まってきます。

先日,東大受験対策の講座として私の高校時代から有名でした「増進会(Z会)」の方が営業活動で訪問され,生徒さんたちのノートの見本をお見せしたところ,感心・感激しておられる様子でした。今の形のノート作りをさせるようになって現任校で3校目ですが,前々任校の太宰府高校および前任校の嘉穂総合高校の生徒さんが作ったノートにも目を見張る素晴らしいものがあり,コピーとして残している見本は私の一生の宝物でもあります。

今日は,教科書の話題で書き始めたのに,ノートの方に話がぶれてしまいました(笑)。教科書のことに戻しましょう。前述の通り,私は教科書を極めて大切に取り扱う立場ですから,常々各会社さんに対し,「教科書がよくなるためでしたらどんな協力でもいたします」と申し出ています。その言葉に嘘はなく,これからも「生物」「情報」の両教科とも,教科書の内容をますます洗練されたものにできるように貢献していくつもりです。教師になって二十三年間「教科書を」教えてきた私だからこそ,それができると自負しています。

各種ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は,左のブログランキングのところをクリックしてください。どうぞよろしくお願い申し上げます。

|

« オセロ強いですねぇ……(汗) | トップページ | ネズミさんも一緒に奮闘中です(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142253/42865131

この記事へのトラックバック一覧です: 「教科書」への格別の思い-型から入り型から出る-:

« オセロ強いですねぇ……(汗) | トップページ | ネズミさんも一緒に奮闘中です(笑) »