« 多くの出会いに満ちた週末2日間でした | トップページ | ノートこそ最高の「情報手段」 »

教科・単元を好きで得意になる鍵とは?

前任校において,5月10日に実施しました生徒・保護者向け「人権教育講演」(テーマ:インターネットにおける人権侵害の現状と課題),9月24日に実施しました2年生対象「性教育講演」,および本日10月26日実施されました;「高校教科『情報』シンポジウムin九州」において,「専門教科情報に学んだ3年間」と題して講演を行った音声をそれぞれmp3ファイルにしました。興味のある方は,ダウンロードしてお聴きくださればと思います。→;「ラジオ出演・講演集」

「生物教師の作品集」『いのちのエイズ教育』(収録済)
「生物教師の生物学講座」
(ユニークな言葉づかいによる生物学の解説)

現在,ベスト10入りを果たしているブログランキングです。おかげ様で現時点ですべて1位となりました。引き続き応援よろしくお願いいたします。「1位」「1位」 「1位」「1位」「1位」
にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ

明日(もう今日ですが)29日(水),我が修猷館高校に京都府から研修のための視察団がお見えになるのだそうです。多くは現場の高校の先生方のようで,各教科の授業見学をするとのこと。私の「生物」の授業もお一人が見学に入られるそうです。以前,このブログの中で書いたことがありますが,嘉穂総合高校時代,基本的にすべての授業がティームティーチングでしたので,常時教師仲間や実習助手の方に授業を見られていましたし,大学の先生方がビデオ撮影に見えたこともあります。つい先日も高校教科「情報」シンポジウム九州で講演をしたばかりです。見学者が入るから特別に意気込むなどといった気持ちはありません。普段通りの授業をお見せしようと思います。

単元的には,現在遺伝分野の連鎖と組み換えをやっているところです。昨日,サットンの「染色体説」の説明をし,ベーツソンとパネットが行った研究内容を用いて連鎖と組み換えについての導入部分を終えたところですので,明日の授業では,その理論的裏付けとモーガンの「遺伝子説」および三点検定交雑による「染色体地図」の説明および組み換え価の計算方法と演習,そういった内容になるでしょうか。

一般的に連鎖・組み換えのあたりになるとかなり苦手意識をもち,内容が理解できなくなる生徒さんが出てきます。しかしながら,私が独自に開発した遺伝学習メソッドは,メンデル遺伝から,連鎖・組み換えまで,簡単な作業を反復トレーニングすることにより,一貫して理解できるというものです。これを読んでくれているかつての教え子さんたちは,「三角形・丸丸丸・ブーメラン・残り一個」と書くと,「なつかしい!」という印象をきっともつことだろうと思います。

生物教師としての私の特徴の一つとして,生徒さんが比較的苦手にしやすい「遺伝」「遺伝子」「代謝」といった分野を教えることが得意中の得意ということが挙げられると思います。特に「代謝」を指導した思い出として,数年前,太宰府高校で実施された夏の進学セミナーの際,3日間の講義で,基本的な代謝マップを自分で描くトレーニングを行い,参加した全員,セミナーを境に「代謝」が苦手分野から得意分野に変わったということがありました。「遺伝」も同様です。私が作りました計算問題集のメソッドに従い,別の年の進学セミナーで,苦手意識を一気に払拭することに成功した生徒さんが数多くいました。

先日放課後,東大理Ⅰを受験するらしい3年生理系の生徒さんが,どこかの大学の過去問らしき酵素の問題を質問しに来ました。私は,酵素の前提となる触媒論を説明する際,大学レベルの内容を一部取り入れます。その方が触媒とは何か,さらには生体触媒である酵素と無機触媒とはどこが異なっているか等を理解させやすいからです。またその反対に,本来小学校の理科教育で教えておくべき,熱と温度の違い等も基礎の基礎まで掘り下げて説明することもあります。

幸い私は大学時代に小学生(1年生~6年生)の塾の講師と中学生(2年~3年)の家庭教師をした経験があります。いずれも全教科を担当しました。おかげで,小・中レベルの理科教育の単元内容もおよそは頭に入っており,時に必要があればそこに遡って指導するのです。この生徒さんも,多分酵素の性質や特異性について,より深く理解してくれたのではないでしょうか。満足気に帰って行く姿が印象的でした。

私自身の体験からも言えることですが,生徒がある教科・ある単元を好きで得意になるか,嫌いで苦手になるかという分かれ道において,指導する教師の影響力は絶大なものがあるように思います。遺伝学の祖と言われるグレゴール・ヨハン・メンデルは,自然科学を大変好み,上級教師の道に進みたかったが,得点が足りず不合格となり,結果,修道院勤務の道を選んだと言われています。メンデルの指導教員にもう少し力量があったら,1968年に「植物雑種の研究」が出版されることはなく,生物学史が今とは大きく変わったかもしれませんね。いずれにせよ,1900年にド=フリース,コレンス,チェルマクの3人がほぼ同時に「遺伝の法則」を発見することにはなったでしょうが,メンデルの先験的な研究成果がなかったら,彼らの業績の確かさがわかるためにはなお数年は要したでしょう。

明日の授業の単元内容を頭のどこかでイメージしながら文章を作っていたこともあるのでしょうか,例によって少し横道に逸れてしまいました(笑)。話を元に戻して,学ぶ側の立場から見た教科・単元を好きになるための要因,得意になるための要因を私なりに考察してみたいと思います。

好きになるための要因

(1)教科・単元の学習に興味を持つこと
(2)担当教師と良好な人間関係を保つこと
(3)教科・単元のテストで高得点を取ること

得意になるための要因

(1)教科・単元の学習に目的意識をもつこと
(2)自分の学習スタイルを確立すること
(3)教科・単元の学習に好んで向かうこと

こうして書いてみると,教師の役割は,教科・単元を好きになってもらうことの方にウェイトがあるように思います。得意になってもらうためには,ある段階から教師の手を離れた部分で生徒自身に学習スタイルを確立させる必要があるでしょう。私はその鍵を握っているのがノート作りだと思っています。この点につきましては,また別の機会に実例を挙げながら詳しく説明させていただきます。

上記(3)の部分で相互にリンクしていることに気づかれたでしょうか。基本的に,「好き」と「得意」は,循環関係になります。最初に教科・単元を好きになれば,テストで高得点が取れ,得意になるとともに,ますますその教科・単元が好きになります。理想的な好循環が生まれるのです。残念ながら,逆もあり得る訳です。きっかけが,そもそも食わず嫌いだったり,教師との人間関係だったりして,教科・単元を嫌いになると,テストで点数が取れず,苦手意識を持つともに,ますますその教科・単元が嫌いになります。

好循環を生み出す原動力は,生徒さんの努力もさることながら,私たち教師の役割に負うことが大きいと常々考えています。そのために,日々「語り」,「板書」,「ポインター」,「机間巡視」および「発問」といったそれぞれの教育技術を磨いていく必要があるのです。明日の京都府の先生による授業見学,日頃培ってきた技術を存分に発揮できる場となるように,より一層教材研究に励もうと思います。

|

« 多くの出会いに満ちた週末2日間でした | トップページ | ノートこそ最高の「情報手段」 »

授業道」カテゴリの記事

コメント


KIRA-Aさん。遅くなりましたが,
こちらの方もコメント返しをさせていただきますね。

>こんにちは。
>高校の問題はやっぱり難しそうです・・・。
>メンデルさんの問題は、この間、中学校のテストに出てきました!
>覚えていてよかったです。

そういえば,中学校でもまた「遺伝」をやるようになったのですね。

メンデルの偉さは,世間的に案外きちんと認識できていない
ように思います。

「遺伝の法則」ばかりがクローズアップされてますよね。
確かに法則を見つけたことも素晴らしいのですが,
遺伝という現象を化学の世界でドルトンが見いだした「原子説」同様,
「粒」というアイデアで考えたところが斬新でかつ本質的であったのです。
私の授業では,「遺伝」の授業の冒頭まずその話からいつも入るのです。

>>好きになるための要因

>>(1)教科・単元の学習に興味を持つこと

>やっぱりそうなんですね!僕は歴史・理科に偏ってます

興味を持つと,大脳がフル回転しますからね。記憶力も,
興味の度合いに比例しますよ。

何でもいいですから,その教科の中で(今は好きでない教科でも)
「これ,意外におもしろいかも?」と感じる部分を見つけることが
できたらしめたものですね。
そこを突破口に,一気に興味が湧いてくるかもしれませんよ。

>>(2)担当教師と良好な人間関係を保つこと

>学校の先生とはいつも仲良く(?)なれてます!

それはいいことですね。
私は常々,自分が学校で習っている教科の先生と
人間関係が築けていれば,塾に行く必要がないと言います。

先日,生物部の生徒さんからも塾の相談を受けたので,
そう答えました。

教師にとって,質問を受けるのはとても嬉しいことなのです。
なぜならば,自分が一生を捧げた,
好きでたまらない教科の話が思う存分できるのですからね。
授業では,時間の制約等もあり十分に取り上げられない話題まで
踏み込んで話せたりもしますし。

>>(3)教科・単元のテストで高得点を取ること
>これは確かに自信と興味がわきますね!

それまで苦手な教科でも,テストで思った以上に点数が取れると
いっぺんで印象が変わりますよね。本来,「好き」・「嫌い」の差とは
そのぐらいのものなのです。

>>得意になるための要因

>>(1)教科・単元の学習に目的意識をもつこと
>○○高校行くために!は違うのでしょうか?

それでOKですよ!受験生にとって,
それこそが目的意識の最たるものでしょう。

高校に入学してから,大学受験までの日数がまだかなりある,
1・2年生の時に,いかに目的意識を持ち続けられるかが課題ですね。

>>(2)自分の学習スタイルを確立すること
>学習スタイルはありますが・・・あまりいいスタイルじゃないです。

そんな風に自己評価できているのでしたら,ぜひ改善しましょう。
自分はこんな風な勉強のやり方をしていますがどうでしょうか?
と教科の先生に尋ねてみたらいいですね。

放課後等の時間に質問に行って話をすると,
どんどん先生との人間関係が深まり一石二鳥でもありますよ。

>>(3)教科・単元の学習に好んで向かうこと
>数学ってどうしても苦手意識が出ちゃいます。

KIRA-Aさんは,数学が苦手なのですね。
私なりにアドバイスしておきますね。

①解く問題はすべて,できれば色ペン等でノートに写すこと

→勉強に気が乗らない日は,音楽でも聴きながら
この作業をやっておくといいですね。
問題集の活字と違い,ノートに自分の字で写すと
解かなくてはというモチベーションになりますよ。

②計算過程をきちんとノートに残すこと。基本的に消しゴムは使わない。

→数学が苦手な人は,計算ミスのパターンをもっていることが多いのです。
自分のミスパターンを発見するために,計算過程をきちんと残すことは
極めて重要です。

まだまだいろいろありますが,今回はこのぐらいにしておきますね。

>なんか勝手に自分の意見書いちゃいました・・・。
>すみません・・・。

いえいえ,意見を書いて下さるのは,大いに励みになりますし,
大歓迎ですよ。これからも遠慮なく思いのまま書いて下さいね。

>僕は、授業を受けるとき、後でこの先生のモノマネしよ~って
>思いながら受けてると、自然と頭に入ってしまいます。

なるほど。それも一つのアイデアかもしれませんね。
少々,勉強(学問)の本質からはずれますが(笑)。
授業で自然に頭にはいるということは,
KIRA-Aさんの基本母型は,「耳型」なのかな?
すごく有利なタイプですね。
ただし,自覚していないと怖さもありますが…。
まぁ,それは大学に入ってからのことですしね。

>僕なんかがいえることではありませんが、頑張って下さい!
>(・・・終わっているかもしれません・・・)

最後,意味不明ですが…(汗)

前のコメントにも書きましたが,私は「頑張る」好みませんので,
頑張りません(笑)。

いつも楽しく,教師生活に励んでいますし,これからもそうします。

応援ありがとうございます!

投稿: 倉光浩二 | 2008年11月17日 (月) 01時49分

こんにちは。
高校の問題はやっぱり難しそうです・・・。
メンデルさんの問題は、この間、中学校のテストに出てきました!覚えていてよかったです。

好きになるための要因

(1)教科・単元の学習に興味を持つこと
やっぱりそうなんですね!僕は歴史・理科に偏ってます
(2)担当教師と良好な人間関係を保つこと
学校の先生とはいつも仲良く(?)なれてます!
(3)教科・単元のテストで高得点を取ること
これは確かに自信と興味がわきますね!
得意になるための要因

(1)教科・単元の学習に目的意識をもつこと
○○高校行くために!は違うのでしょうか?
(2)自分の学習スタイルを確立すること
学習スタイルはありますが・・・あまりいいスタイルじゃないです。
(3)教科・単元の学習に好んで向かうこと
数学ってどうしても苦手意識が出ちゃいます。

なんか勝手に自分の意見書いちゃいました・・・。
すみません・・・。
僕は、授業を受けるとき、後でこの先生のモノマネしよ~って思いながら受けてると、自然と頭に入ってしまいます。
僕なんかがいえることではありませんが、頑張って下さい!(・・・終わっているかもしれません・・・)

投稿: KIRA-A | 2008年10月29日 (水) 15時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142253/42940367

この記事へのトラックバック一覧です: 教科・単元を好きで得意になる鍵とは?:

« 多くの出会いに満ちた週末2日間でした | トップページ | ノートこそ最高の「情報手段」 »