« 福岡情報教育授業研究会第13回定例研究協議会報告 | トップページ | 「性教育講演」実施しました »

座学は楽しい!

今年度,私は自分が主として担当する授業として
1年生ITシステム科
 →「情報と表現」
2年生普通科情報総合コースアート系
 →「コンピュータデザイン」
2年生ITシステム科マルチメディア専攻
 →「図形と画像の処理」
の3つを受け持っています。
各2単位ずつの計6単位です。

それ以外は,すべてTTのサブで
1年生普通科情報総合コース
 →「情報C」2クラス
2年生ITシステム科
 →「ネットワークシステム演習Ⅰ」
  (学校設定科目)
2年生ITシステム科マルチメディア専攻
 →「情報実習」
の授業,計8単位をもっています。

メイン+サブで14単位というわけです。

現在の,一週間の楽しみは
「情報と表現」
「コンピュータデザイン」
「図形と画像の処理」
の授業です。
これまで2ヶ月基本的にすべて座学でやってきました。

授業が楽しくて楽しくて仕方がありません。
こちらがそう思って授業をしていますので,
生徒さんもきっとそう感じてくれているのでしょう。
生き生きとした授業ができています。

すべてTTで座学であっても,
私が8単位分そうしているように
やはりサブで先生がついてくださいます。
したがいまして,この2年間
自分一人(と生徒)の授業というのは
一度もありません。
常に衆目にさらした状態で授業をしています。

理科(生物)であれば,いつでも来い
の私ですが,
さすがに昨年度のはじめの方は
毎時間授業をみられることに
恥ずかしさや抵抗感といったものが
少しはありました。
今は,もう全くありません。
我ながら,鍛えられたなと思います(笑)。

先日,県教育委員会の定期学校訪問があり
てっきり次の時間の
「ネットワークシステム演習Ⅰ」
(シスコ・ネットワーキング・アカデミー)の
授業を視察されるだろうと予想していたところ
思いがけず,
私の「図形と画像の処理」の授業を行っている教室に
管理職に案内され入って見えました。

テスト返しの後で,はっぱかけようと
大学で学ぶとは何であるか?みたいな
話をしていたところでした。
多少,???とは思いながら
まったく眼中におかず
話の内容を続けました。

そして,「さあ,それでは教科書を開いてください」
    「新しい単元に入りましょう」と言いながら,
項目を板書し始めたところで出て行かれました。
5分から10分近くぐらいおられたのでしょうか。
後から管理職に伺ったところでは,
熱心に私の話に耳を傾けておられたそうです。

3名見えたうち,もっとも
重い役職の方は
私がエイズ教育の実践家として名を馳せていた頃
近いセクションで仕事をしていた仲間の一人でした。
そんな過去の関係もあったのではないかと思っています。

来週から,同じ地域にある
情報系大学の学生さん1名を
教育実習生として受け入れます。
今日は,その準備も兼ねて
私の「コンピュータデザイン」の授業を見学されました。
もともとこの授業は,
情報科の先生1名と芸術科(美術)の先生1名が
サブで入ってありますので
今日は,3名のゲストを前に授業をしていたことになります。

テスト返しとその説明で
多少の時間を要したこともあり,
自分の感覚ではあと10分程度残っているというところで
無情にもチャイムが鳴りました。
また当分,この続きができないと思うと
悲しかったです。

以前,私は専門であり,私自身大好きな科目でもある
「生物」の授業だから座学が盛り上がり,
うまくいくと思っていました。
「情報」では,到底その域に達することはなく
生徒もあまり乗ってきてはくれないだろうと。

最近,考えが変わりつつあります。
私は,「生物」や「情報」の座学が
得意なのではなく,
「座学」そのものが得意な域に入ってきたのだと。
極端に言うと,題材は何であってもいいと
そう思うのです。

道に落ちているビラが教材なら
それを使って一時間の授業を
自分も生徒も楽しくやれる
そんなことも可能な気がします。

その布石は,やはり十数年前
県下各地はいうに及ばず,他県からも
要請があって出向き
数多くこなしてきた
性教育・エイズ教育の講演だと思います。

あれは,大牟田文化センターの
大ホールを会場に私一人を講師とする
講演会が行われた時だったでしょうか。
演題に上がり,多くの聴衆の方を前にして

「大ホールが満員になるぐらい
こんなに大勢,私の話を聴きに来てくださった。
ああ,ありがたい。ほとんどの方とは,
文字通り一期一会で,今回1回限りの出会いだろう。
心を込めて話そう」

ここまで,思ったとき,ハッ!とひらめいたのです。
「毎日の授業でも,今日のこの気持ちをもってやろう」と。

講演の聴衆とは違って,授業を担当する生徒さんとは
一期一会ではなく,今日も明日も
語りかけるチャンスはあります。
しかしながら,そうは考えず,
毎時間,毎時間,最初で最後のつもりで
一生懸命,授業をやろうと
その時,思ったのです。
以来,この気持ちを忘れたことは一度もありません。

以前,前任校の離任式で語った挨拶の内容を
このブログに掲載しました。
その内容の通り,
本当に一言,一言真心をこめて
語りかけてきました。
その十年あまりの積み重ねが
今,大きく花開こうとしているのだと思います。

来週7日に
本校の2年生対象の
「性教育講演」をすることになりました。
依頼があった日からずっと,
頭の中で腹案を練っています。
いかにして導入部分で
話に引きつけるか,
怖い話,ほろりとする話
そのバランスをいかにとるか
そんなことを考えています。

たたき台にしたいと思って
十数年前,私の講演をテープ起こしした中身が
掲載された研修誌があったことを思い出し
探していました。
ようやく見つけて,読み直してみると
我ながら,よくこれだけの話が当時できたものだと
感心しました。
近いうちにOCRで処理して
私のブログ「生物教師三部作」の1つである
作品集の方に掲載したいと思っています。

今日は,「情報と表現」と
「コンピュータデザイン」の中間考査の解答用紙に
作った“授業の感想と考査勉強で身につけたもの”という
欄に生徒さんが書いてくれたものを
載せておこうと思います。
期末考査の時,今度はいったい
どんな感想を寄せてくれるだろうと
今からわくわくしている私です。

------「情報と表現」------

書いてくれた分について,余すことなく掲載しています

私は,結構,この情報と表現の授業が好きなので,
これからも頑張っていこうと思います。
それに倉光先生の授業はとても分かりやすくて
覚えやすいのでいいと思います。
今回のテストは,うまくできませんでしたが,
それでもまぁまぁ授業の内容を覚えていたので
とてもやりやすかったです。

☆授業の感想☆
あまり理解できなかったりするので,もう少しちゃんと,
先生の話に耳をむけたいです。
分野ごとのチェックプリントみたいなのを作ってほしいです。
☆今回のテスト勉強で身につけた内容☆
暗記力!!

情報と表現の授業では,パソコンばかりをするかと思っていました!
でも,情報の基礎からいろんな意味で学ぶことができました!
この授業から,2年生でシステムかマルチメディアの
どっちに行くかを決めて行きたいです!
文章とか絵だけでは情報が伝わりにくいから,
自分なりに相手に情報が伝わるように
工夫しないといけないことがわかりました。

情報と表現の授業でノートの取り方がうまくなった。
テスト勉強は,メディアのことやディジタル化のことを
よく知れて良かったと思う。

情報と表現の授業は最初分からなかったけど,
だんだんと授業が楽しくなってきたので分かってきた。
これからはもっとむずかしい授業になると思うけど,
ちゃんと先生が書いた事はノートに書いて
分からない事があったら,
先生に聞いていきたいと思います。

自分は「情報と表現」のテスト勉強で
情報の大切さやいろいろな知識を知ることが
出来たので,これからも,
いろいろなことを学んでいきたいです。

情報と表現を勉強してみてメディアでもいろいろな意味があり,
その中でも文字・画像・映像・音声についての
情報を知ることができました。
今回のテストでは,情報伝達について,
身につけることが出来て良かったです。

授業がユニークでおもしろい。
先生の説明もわかりやすい。

情報と表現の授業は,倉光先生が教えて下さった
ノートの取り方だとノートの↓の部分に
自分の書きたいことやイラストなどが書けて,
たいくつしないのが好きです。    
倉光先生の余談も知らないことが多いので
案外勉強になります。
テスト勉強では家で何もやっていませんが,
学校で開始前15分で教科書を見ようと計画していたら,
友達と話し込んでしまいました…無念。
まぁこの経験が次からの考査前の参考になるので身につきました。

ときどき情報と表現の授業で言葉の意味がわからない時があります。
すいませんけど,具体的に教えて下さい。
テスト前にもっとプリント等を下さい。

情報と表現の授業内容はわかりやすく,
先生の体験談などが聞けておもしろい。
自分が情報のことを甘くみていたのがすごくわかったし,
自分の知らないことなどいろんな知識を学び,
自分の力にすることができた。
このテスト勉強や授業などでつちかった知識を
もっともっと活かしていきたい。
倉光先生へお願い
自分に基本情報技術者の資格を取るために
ご教授してください。おねがいします。

情報と表現の授業を受けて,
私は,今まで,情報のことをあまり知らなかったけど,
いろいろな方法で情報の受け手に短時間で分かるようになったり,
いくつか複数のメディアを組み合わせて表現する
ということが分かりました。
今回のテスト勉強で
文字・画像・映像などディジタル信号として
記録できることなどが身につきました。

先生は,色々なことをしゃべってくれるので,とても興味深いです。
これからも役に立つことを話してほしいです。

授業での話を親にすると,博学だといわれるので
1番気をつけて聞いています。
ノートも小学校から書き方に不満があって,
高校に入って1科目だけど新しい書き方になってうれしいし,
わかりやすいです。
注意書きを読んで深く考えなかったけど
文字と絵の注意書きが大事かよくわかりました。

情報と表現の授業は,授業内容以外な事を
わかったりしてとてもおもしろい。

情報と表現の授業はわかりやすいけど
覚えることがたくさんあるのでたいへんです。    

私は授業に関係ない先生の話が好きなので
授業が余った時間があったらもっといろんな話をして下さい。
今回のテスト勉強ではどこをどうすればいいのか
よくわからなかったので
内容的にはあいまいにしか覚えられませんでした。
あとは,先生が授業中に言ってたことは
なんとなく身についていると思います。

日本と地球の形は似ている!?と聞いて,納得できた。
オーストラリアは四国,ユーラシア大陸は本州
などが印象に残りました。

感想
復習などを行う際に,ノートがまとめやすくて助かっています。
身につけたこと
情報のまとめ方や送り方などもよく考えなければいけないと思いました。

------「コンピュータデザイン」------

書いてくれた分について,余すことなく掲載しています

ノートは,毎日1枚ずつ書くので
とても見やすく書きやすいです。
アートは,ただ絵をかくだけでなく
ちゃんとした意味や考えを持って
しなくちゃいけないことを知りました。

コンピュータデザインの授業は,
興味のある話がたくさんあるので,
これにしてよかったと思っています。
これからもコンピュータデザインについて
深く学んでいきたいです。

コンピュータデザインの授業はなかなか楽しい。
あんまりデザインの授業っぽくないで,
すぐ倉光先生の雑談になるけど,
おもしろいし,「そうなんか」とか発見もあるから
どんどん豆知識とか言ってほしい。
あと,コンピュータでのデザインの授業を1回していてないから
何回かしたい。
テスト勉強で身につけたことは
アートとデザインの違いとか?かな。

先生の授業はとてもおもしろいです。

・コンピュータでいろいろ創造したいです。
・倉光先生の授業はおもしろいです。,
・先生は,チョークが嫌いなのがすごくわかります。

まず先生がおもしろいから好きです。
あとテスト勉強はどこをしていいのかわかりませんでした。
次は余裕でできるようにがんばります。

とてもわかりやすく楽しいコンピュータデザインでした。

コンピュータデザインの時間は楽しいです。
授業もわかりやすいです。

学校で初めて習う教科だけど,楽しい。
教科にもいろいろなデザインがあって,
これからの授業のためや自分の感受性や
センスも上がっていくような気がする。
パソコンで,絵を描く授業も,
これからあるみたいなので楽しみです。
テスト勉強は,ルーズリーフに
教科書の線を引いた所を書いていった。

私はコンピュータデザインのおもしろさ,
深さを知りました。
アイデアを探して工夫して出来上がった作品は
とても達成感があるしいいものだと思います。
これからもどんどんデザインの深さを
追求していこうと思います。

読まれた方は,押していただくと嬉しいです。。(現在第11位にランクインしています)
BEST BLOGランキング「教育・学問・科学」部門

|

« 福岡情報教育授業研究会第13回定例研究協議会報告 | トップページ | 「性教育講演」実施しました »

「専門教科「情報」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142253/10368439

この記事へのトラックバック一覧です: 座学は楽しい!:

« 福岡情報教育授業研究会第13回定例研究協議会報告 | トップページ | 「性教育講演」実施しました »