« 座学は楽しい! | トップページ | マルチメディア系の授業,楽しんでいます »

「性教育講演」実施しました

生物教師の作品集「いのちのエイズ教育」(完全収録済)は,こちらです。

先日このブログに書いておりました
本校2年生に対する「性教育講演」が
無事終了しました。

P1000221_1 

与えられた時間は40分間でしたが,
若干オーバーしてしまった
というのが反省点としてあります。

今回,私に講演を依頼された
養護教諭の方は,「生物教師の作品集」に
『いのちのエイズ教育』と題して収録中の講演を
生で聴いた方です。

今日の講演が終わって,いの一番に握手を求められました。
自分も年を重ね,
十年前,聴いたときとは比べものにならないぐらい
今日は感動したとおっしゃいました。

また,私の講演を聴講してあった
昨年度と,本年度の1年生対象の
「性教育講演」の講師である助産師の方からも
強く握手を求められ,今後の連携を呼びかけられました。

私は,今こう考えています。
十年前,情報教育とまったく関わっていなかった私。
そして,現在,
「情報A」や「情報と表現」の授業を通した学び,
また,福岡情報教育授業研究会の中で
話を聴くことができた数々の講演や発表による学び,
情報教育にまつわる多くの“学び”いよって
よりパワーアップした私があるのではないかと。

もちろん,内容についても
日々,移り変わる情勢をふまえ,
新しい話題を取り入れたりもしました。

しかしながら,
語りかけのみで勝負する講演において
「話し方」や「間の取り方」
「目線の配り方」「発問の仕方」
その一つひとつの技術が,
成否を分ける大きな要素となるのです。

一部パワーポイントを使おうか?
資料を用意しようか?
直前までいろいろと悩みましたが,
パワーポイントなし,資料なし
自分の語り一本で勝負!という結論に達しました。
冒頭でその理由を聴いている生徒さんと先生方に
次のように語りました。

-----------------------

私は,嘉穂総合高等学校が
まだ図書館の一室でしかない時に
学校に来ました。

そして,授業のない数ヶ月の間
やがて出会えるであろうみなさんのことを
ずっと待ち望んでいました。
可愛い生徒さんが入学してきて
授業ができる,その日を楽しみに
学校づくりの仕事をしていました。

みなさんは,私の夢であり,大切な宝物です。
一人ひとりが,きらめく宝石であるみなさんを
やさしく磨く,そんな気持ちで語りたいと思います。

今日は,プレゼンテーションソフトは使いません。
資料も用意しようと思えば,
材料はいくらでももっていますが,
あえて使いません。

それは,みなさんに対して
知識を与えようとは思っていないからです。

情報の教師をしている私が
このような話をすると意外だと思われるでしょうが,
私は,ある時から知識は基本的に毒だと
思うようになりました。

情報の教科書には,情報とは,判断する際の知識や
考え方と書いてありますから,
知識を情報に置き換えても
意味はあまり変わらないかと思います。

毒を上手に薄めれば,薬になるように
知識も使い方によっては
人のためになります。

みなさんが,私の話を聴いて
何か一つでも感じてくれることがあったら
ありがたく思います。

私は,今日の講演,心で話すつもりです。
みなさんもどうか心で聴いてください。

-----------------------

テープ起こしをしたわけではありませんので,
正確ではないかも知れませんが,
およそ,このような語りかけで話を
しました。

流れとしては,次のような内容です。

見つめよう“いのち”

 水の奇跡
  青い星地球  水は生命の源。神秘の泉。

 いのちのバトン
     相田 みつを作
    
     父と母で二人
     父と母の両親で四人
     そのまた両親で八人
    
     こうして数えていくと
     十代前で 千二十四人
     二十代前では?
     なんと百万人を越すんです
    
     過去無量の
     いのちのバトンを
     受けついで
     いま ここに
     自分の番を生きている
    
     それがあなたのいのちです
     それがわたしのいのちです

 有性生殖のこと
  有性生殖…遺伝子ミックス
  なぜ,何のため?…平和教育の視点から

 体内受精のこと
  体外受精に比べて,確実性がはるかに高い

 胎生のこと
   人間の大きさと,からだの精密さでは,
   卵生は不可能

 時間とは
   時間とは心臓の鼓動
   胎児の時,24日目ぐらいに心臓形成
      時間=心拍回数→可変
   (アインシュタインの相対性理論を超えて)

 いのちのはじまり
  いつ?どこで?

 大海の一針
   60兆分の1の奇跡
   遺伝子がもっとも近い存在
  =兄弟(骨髄移植のこと)

  いのちの奇跡,そのありがたさ

 エイズの話
  免疫のしくみの素晴らしさ

  HIV(エイズウイルスの怖さ)

  エイズ予防のために
  コンドームで防げるか?

ほんとうは,HIV感染者・エイズ患者
の方の思いや,共生できる社会についても
話をしたかったのですが,
無情にもチャイムが鳴ってしまい,
そこまではたどりつけませんでした。

今回の経験をふまえて,
また,録音した講演内容を
繰り返し聴き直すことによって
自己の「表現力」にさらに磨きをかけたいと
思っています。

読まれた方は,押していただくと嬉しいです。(現在第11位にランクインしています)
BEST BLOGランキング「教育・学問・科学」部門

|

« 座学は楽しい! | トップページ | マルチメディア系の授業,楽しんでいます »

講演」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142253/10447552

この記事へのトラックバック一覧です: 「性教育講演」実施しました:

« 座学は楽しい! | トップページ | マルチメディア系の授業,楽しんでいます »