« 福岡情報教育授業研究会第3回研究発表会報告 | トップページ | 座学は楽しい! »

福岡情報教育授業研究会第13回定例研究協議会報告

今日は,2月17日(金)に,
福岡市立春住小学校のパソコン教室を
お借りして実施しました
第13回定例研究協議会の報告をいたします。

福岡情報教育研究会は,平成15年9月に
福岡地区教科「情報」授業研究会としてスタートしました。
第一回の研究会を私の前任校でもある
太宰府高等学校において開催し,
その場で以後,会場として各高等学校を持ち回り
2ヶ月に1回の割合で研究会を行うという
基本線が出来ました。

以後,その路線に則り活動を続けてきています。
第6回からは、小学校・中学校および大学の先生方にも
オブザーバーとして、多数ご参加いただけるようになりました。
そのようないきさつから、
昨年9月に会の2周年を記念して会員資格を高等学校以外に,
また,活動範囲を福岡地区以外に拡大しました。
そして,研究会同様2年間の活動実績をもつ
メーリングリスト参加者を会員とする
「福岡情報教育研究会」に生まれ変わりを果たし,
今日に至っています。
現在県内外で60名を越える会員を有し,
日頃から情報を提供し合ったり、悩み事を共有したりしながら、
こまめに情報交換を行っています。

また,各学校現場のパソコン環境を見学した上での設備面における情報交換を目的の1つとして、下記のような学校を会場として定例研究協議会を実施して参りました。

定例研究協議会の会場は,次のような変遷をたどってきています。

第1回(福岡県立太宰府高校)
第2回(福岡県立城南高校)
第3回(福岡県立宗像高校)
第4回(福岡県立須恵高校)
第5回(福岡県立西福岡高校)
第6回(福岡県立福岡中央高校)
第7回(福岡県立春日高校)
第8回(福岡県立福岡高校)
第9回(東海大学附属東海第五高校)
第10回(福岡県立筑紫高校)
第11回(福岡県立修猷館高校)
第12回(福岡県立光陵高校)

そして,ついに会場校を義務制の小学校に移し,
第13回の定例研究協議会実施となったわけです。

参加者は,小学校1名・高校10名・大学3名の計14名でした。
開会に先立ち,会場校の先生より
展示物の紹介をしていただきました。
印刷できるディジタルカメラ,超広角ディジタルカメラ,
ドイツの絵本および
ウィンドシンセ(リコーダ型エレクトーン)など
興味深い品々を見学することが出来,大いに勉強になりました。

協議会では,最初に参加者全員の自己紹介・近況報告を行い,
意見・質問を出し合いました。
話題は,進数計算,電子メール,著作権教育,
e-ラーニング,動画編集の授業,
そしてシスコネットワーキングアカデミーと多岐に渡り,
今更ながら情報教育の裾野の広がりを感じさせられました。

恒例となっております会場校発表では,
授業支援ソフトを用いて,
小学校における授業の様子を紹介していただきました。
九九の学習ソフトや統合ソフト,
および音楽の時間に活用できるリコーダの模擬授業など
刮目に値する実践の数々に参加者一同,
小学生に戻ったつもりで,しばしパソコンの画面に釘付けになり,
一心不乱にキーボードやマウスをさわりました。

また,担当の先生が参加された
アメリカ最大級の情報教育大会である
NECC(National Educational Computing Conference)の模様や,
平成14年に県の海外派遣研修で行かれた
ドイツにおける情報教育の実態などを,
ビデオ映像を交えて紹介していただくこともできました。

予定の時間があっという間に経過したように感じる
大変中身の濃い発表でした。

読まれた方は,押していただくと嬉しいです。
BEST BLOGランキング「教育・学問・科学」部門

|

« 福岡情報教育授業研究会第3回研究発表会報告 | トップページ | 座学は楽しい! »

「研究会」カテゴリの記事

コメント


http://daisuki.twwitta.net/nnw8lsa/
このバ イ ト用に開設した口座しばらく見てなかったんだが
いつのまにか2 0 0 万超えてた(*゜∀゜)! 脇汗大量に出たしwwwwwww
どうもカナちゃんがセクってない時でも俺の為に生活費くれてたみたい(^^;
そら報 酬くれたうえに毎日1 万も振り込んでくれてたら嫌でも貯まるよなwww

投稿: オートマすぎるwwwww | 2009年12月 1日 (火) 02時49分


ウホっ! なんか意味わからんうちに女ん家に行く事になったぉww
http://bisha.hun-kun.net/dyq116v/
最初ひたすら網タイおなぬー鑑賞させてもらったんだけど
びしょ濡 れ マ ヌ コ見てたら挿入したくなったし生セク決行ーwwwww
超つゆだくで気持ちよすぎて我慢出来ずに中,出ししてしまったっす(^Д^)

投稿: なんという・・!!! | 2009年12月 1日 (火) 00時04分

こんにちわ。数ヶ月前に北九州での高大・情報教育の研究会でお目にかかった福岡大学の柴田と申します。開催直前になってしまったのですが、以下のような企画をしました。何らかの形で宣伝していただけたらたいへん嬉しいです。
*********************************教育問題講演会(福岡大学研究推進部主催)

講師 戸塚滝登 先生
(東京学芸大学 自然科学系 情報科学講座 非常勤 講師、
早稲田大学こどもメディア研 客員研究員、作家)
タイトル:仮想世界に住めないもの、見つからないものは何だろう?
―― 未来の情報教育の光と影 ――

期日:2月10日(火曜日)午後2時~3時30分
場所:福岡大学理学部九号館2階会議室(順路ポスターあり)
   (地下鉄七隈線「福大前」下車、目の前です。)

【問い合わせ先】理学部応用数学科教授 柴田勝征
 [メール・アドレス]kshibata@sm.fukuoka-u.ac.jp.jp
(このアドレスを使用するときは、最後のダブりを削除してから
 送信してください。)
講師の著書:
「子どもの脳と仮想世界 教室から見えるデジタルっ子の今」
(子どもたちの心にいま何が起こっているのか)(岩波書店:2008年)
「子どもの脳が学ぶとき なぜ教室の授業は進化しているのに、子どもの学力は低下し続けるのか?」(高陵社:2008年)
など、多数。
********************************

投稿: 柴田勝征 | 2009年2月 8日 (日) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142253/10325250

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡情報教育授業研究会第13回定例研究協議会報告:

« 福岡情報教育授業研究会第3回研究発表会報告 | トップページ | 座学は楽しい! »