« とても嬉しいこと2つありました | トップページ | 近況報告です。 »

ようやく年賀状を出し終えました

今し方、予定したすべての年賀状を書き終え、
郵便局に出してきました。
遠方の方から順に書いては出してを
繰り返したのです。
最初に他県の方の分を投函したのは、
26日の朝でしたから、
それから6日がかり
(途中2日間中断あり)で
県内の方の分を
仕上げたことになります。

昨年度が異動の挨拶も兼ねて、
200枚ほどだったのですが、
今回は何と倍増の400枚を
優に超える枚数になりました。
今年一年の間に知り合い、
名刺交換をした方には
原則としてお出ししたからです。

宛先と、文面のベースは
プリンタで印刷しましたが、
全員の方に4,5行ずつ
手書きで挨拶文を書きました。
手書きで一言添えるというのは、
年賀状を書くに当たって
常に心がけてきたことではあります。

今だからこそ、書けますが
昨年は、暮れの27日夜に
交通事故に遭い、
救急車で病院に運ばれ
入院しておりました。
年賀状を作るどころの話ではなく、
寝たきり状態でした。

幸い、宛先リストと文面は
完成していましたので、
データを弟に取りに来てもらい
印刷から投函まで
すべてやってもらいました。
したがいまして、
手書き添えも当然ありませんでした。
付き合いの長い方は
「?」と思われたかもしれませんね。
実はこういう事情だったのです。

今、こうして
私の手元にある名刺や、
書き終えたばかりで
感触がまだ手に残っている
各地に運ばれていくであろう
莫大な量の年賀状の数々が
この一年間の私の仕事が
いかに充実していたかを
雄弁に物語ってくれるように思います。

このブログの中で、
たびたび書かせていただいておりますが、
情報教育に携わるようになって
人と人とのつながりや絆といったものを
より強く意識するようになりました。
もし私が、生物教師のままだったら
これほどたくさんの名刺は
手元にないでしょうし、
年賀状の枚数もあまり増えなかったでしょう。

12月3日に終えた
実教出版さんの
教科「情報」授業支援セミナーが
今年最後の大仕事と思っていましたら、
思いがけず、
27日に大学生協九州事業連合さんの
パソコンスキルアップ講座で
高校現場の様子を語って欲しいという
依頼を受け、
ここ数週間はその準備にかかりきりでした。
並行して年賀状の作成も行い、
ようやくそれらすべてを
終えることができたという訳です。

忙しさにかまけて
怠けがちだったこのブログですが、
年明けからは、
初心に帰って
またこまめに書かせていただこうと思っています。
ご訪問くださった方、
来年もどうぞよろしく
お願い申し上げます。

以前、予告をしておりました
日本文教出版さんのICT-Education28号
寄稿させていただきました原稿が
バックナンバーとしてウェブに掲載されました。
ご一読くださると幸いです。

|

« とても嬉しいこと2つありました | トップページ | 近況報告です。 »

「私の情報環境」カテゴリの記事

コメント

まきさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。

私は,農学部農芸化学科の出身ですので,生物学でも分類学的な分野などにはあまり強くはないのですが,わかる範囲でお答えします。

>・猫は何匹くらい子どもを産みますか?
> また、2匹しか産まないこともあります
> か?
普通生まれるのは,4~6頭ですね。子の数が多いほど妊娠期間が短くなる傾向にあるそうです。
少ないケースだと思いますが,2匹しか産まないこともあるでしょうね。

>・例えば、白と黒の猫が産まれる場合の
> 親猫の毛色はどんなものが考えられま
> すか?
これだけの情報では,遺伝学上の正確な答
を出すのは無理ですね。

親の遺伝子型がわかるデータがあれば,あとは遺伝様式を照らし合わせて,子どもの遺伝子型の組み合わせをはじきだし,表現型の割合を決めるというのが,遺伝学的解析です。生物の時間に習う遺伝の勉強もこれに尽きるわけです。

質問の内容と直接関係ないかもしれませんが,三毛ネコの話題を…。

猫の場合,染色体は19対38本で、雄の性染色体はXY、雌はXXというXY型の性決定様式です。

いわゆる三毛ネコは黒・茶・白の三色まだらの被毛をもつネコなのですが,そのほとんどが雌に限られるのは,茶の遺伝子がX染色体上にあり伴性遺伝をするからです。

雄が生まれるのは,まれにX染色体とY染色体が交叉(こうさ,乗り換えともいいます)して,茶の遺伝子がY染色体に移るためと考えられています。

投稿: 倉光浩二 | 2006年5月28日 (日) 03時34分

鈴々さん

>20年ほど前に福岡市城南区の某高校で
>教わっていた者です。
>当時と変わらぬ熱心さでがんばって
>いらっしゃるようですね。
>私も頑張らねば、とファイトがわいて
>きました。
コメントありがとうございます。
私の最初の教え子さんのお一人なのですね。
教科が理科(生物)から情報へ
シフトしてしまいましたが,
授業技術を磨き,
座学で生徒さんを引きつける情報を
モットーにがんばっています。

生物の方も,教科書改訂の時期でも
ありますので,
いろいろと仕事をさせてもらっています。
ありがたいですね。
みなさん方を前に教壇に立った日の
初心を忘れずに
“私らしく”教師業に励んでいこうと
思います。
応援してくださいね!

投稿: 倉光浩二 | 2006年5月28日 (日) 03時21分

倉光先生 こんにちは。

20年ほど前に福岡市城南区の某高校で教わっていた者です。
当時と変わらぬ熱心さでがんばっていらっしゃるようですね。
私も頑張らねば、とファイトがわいてきました。

投稿: 鈴々 | 2006年1月14日 (土) 02時24分

生物についての質問をしてもいいですか?
というか、勝手に質問させていただきます。

・猫は何匹くらい子どもを産みますか?
 また、2匹しか産まないこともありますか?
・例えば、白と黒の猫が産まれる場合の親猫の毛色はどんなものが考えられますか?

学校で、遺伝子について一応習ったのですが、ウニとかネズミとかアサガオとか、あまり私の役に立たないことばかりで…;;

できれば、↑のすべての質問に答えていただければ嬉しいです。
メールでも可です。

投稿: まき | 2006年1月 7日 (土) 18時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142253/7915692

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく年賀状を出し終えました:

» 自衛隊特集 [春夏冬二升五合]
自衛隊の募集が、ありましたので自衛隊を特集しました。 [続きを読む]

受信: 2006年1月13日 (金) 21時31分

« とても嬉しいこと2つありました | トップページ | 近況報告です。 »