« ネチケットの単元で手応えを感じました | トップページ | 「普通教科『情報』実施における課題と工夫」 »

第12回定例研究協議会盛会裡に終了

福岡情報教育授業研究会
第12回定例研究協議会
(正確には第11回までは、
前身の福岡地区教科「情報」授業研究会でしたが、
通算して数えることにします)
が25日(金)光陵高校を会場として行われ、
大盛況の内に終えることが出来ました。

参加者は25名で、
内訳は小学校1名、高校21名、大学3名でした。

内容としては、

(1)恒例の会場校発表(光陵高校)

1年生における必修「情報A」と
3年生における選択履修「情報B」
それぞれの授業実践が紹介されました。
具体的に教材の内容を提示しながら
わかりやすく説明され、
授業の様子を把握しやすいように
工夫してくださいました。

毎時間指導案の形で講義・板書計画を立て、
各担当者がそれをもとに
授業を展開してあるという実践形態が
特に印象に残りました。

「情報B」のアルゴリズムの教材として、
5年前に私が現職教員等講習会の講義用に
作った問題が使ってあり、
驚くとともに嬉しく感じました。
このようにお互いが作った教材が
共有できることが、
ディジタル化の1つの利点でもあると思います。
今後もこの研究会あるいは、
先月立ち上がった
福岡県高等学校情報科研究部会において、
教材の共有化を進めて行ければと思います。

(2)研究協議
今回は、行事の名称通り
ぜひ参加者全員による研究協議ができればと考え、
「情報モラル」の資料と
教材例を準備して臨んでいました。

結果的に、会場校発表の質疑応答に
端を発して
期せずして「情報リテラシー」に関する
ディスカッションをすることができました。

内容としては、
「コンピュータリテラシー」と
「情報リテラシー」の違いについてから始まり、
児童・生徒・学生の「情報リテラシー」を
高めるために
各学校がどんな工夫をしているかを
紹介し合う形になりました。
参加者一同大いに参考になり、
それぞれの現場に還元できる
内容だったのではないかとに思います。

(3)九州産業大学情報科学部における
   講義記録システムの紹介

毎年夏休みに
九州産業大学が実施してある
IT講習会に
今年度参加させていただき、
最終日の意見交換会で
多くの大学の先生方と面識を得ることができました。
今回もその中のお一人が参加してくださいました。

意見交換会終了後、
学内見学会が行われ、
丁寧な解説を伴い、設備を見せていただきました。
学生一人ひとりに
ノートパソコンを貸与されている関係で、
全教室に情報コンセントが配備されています。
学生の立場に立つと
理想的とも言える
素晴らしい環境であると思いましたし、
高等学校現場の状況を鑑みて
うらやましくも思いました。

中でも、感銘したのが、
情報科学部の全部の講義をビデオ記録し、
学生が復習のために見たり、
教官同士がお互いの講義を
見合ったりできるという点です。

そこで、今回定例研究協議会の参加者の方に
もよろしければ紹介をとお願いし、
それにお応じてくださったわけです。

お聴きしたことをまとめますと、
講義記録は、
当初FD(Faculty Development)を
目的として始められたそうです。

そのために、
全講義室にビデオカメラと
マイクを設置してあるそうです。
特に大講義室の装置は、
アングル切り替えや
講義担当教官によるモニターも可能だそうです。

配信は、Real Videoのストリーミング形式で行い、
過去4年分の全講義を
ウェブ上で検索可能にしてあるそうです。

現在のところ、
学外からは見ることが出来ない仕組みだそうです。
学生からは、自宅で見たいという要望もあり、
対応を検討中とのことです。

複数の教官で担当する際、
お互いに見合うことも多々あり、参考になるそうです。
学生にとっては、
レポートの課題の確認などに
特に役立つそうです。
試験前は
アクセス件数が
特に伸びるというデータもあるそうです。

研究協議の内容等も現在、
携帯電話のICレコーダで
録音したものを
少しずつ聞き直したりしながらまとめています。
公開できる分につきましては、
また後日紹介したいと思います。

|

« ネチケットの単元で手応えを感じました | トップページ | 「普通教科『情報』実施における課題と工夫」 »

「研究会」カテゴリの記事

コメント

Various people in every country take the mortgage loans in different creditors, just because this is fast and easy.

投稿: Dolly24LAMBERT | 2012年3月23日 (金) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142253/7352937

この記事へのトラックバック一覧です: 第12回定例研究協議会盛会裡に終了:

« ネチケットの単元で手応えを感じました | トップページ | 「普通教科『情報』実施における課題と工夫」 »