トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

小・中学校の先生方へ

私が勤める嘉穂総合高校は、
本日で前期が終了し、終業式が行われました。
したがって、授業もなく
午後から大きな仕事が控えていましたので、
早めにそちらに向かいました。

夕方まで会合をし、
さらにその場所の職員の方と突っ込んだ話をして
ようやく帰途に着きました。
それで、いつもは昼休みの時間を利用して
割と早い時間に書いていますこのブログも
今日はこんな遅い時間になってしまったというわけです。

11月4日(金)、5日(土)の両日、
九州大学主催の「情報処理研究集会」が行われます。
一昨年度までは文部科学省(文部省)主催で
実施されていたものだそうです。
5日(土)に、この研究集会の中で
「初等中等教育における情報教育」というテーマで
特別セッションが行われます。
小・中・高の教師も参加して、
一緒に学校現場の情報教育について
考えてみようという趣旨です。

最初に30分間、講演が行われます。
講師は、先日9月24日にこのブログでも紹介しました
「教職員著作権講習会」でも話を伺った、
独立行政法人メディア教育開発センター理事長の
清水康敬先生です。
日本の情報教育界全体の中でも、大物中の大物だそうです。
教科「情報」の学習指導要領も、
この方が中心になってまとめられたのだそうですね。
次に福岡で話が聴けるのは、数年先だろうという話です。

講演の後、小・中・高それぞれの現場の教師が
日頃の実践内容を発表し、
最後に講師の清水先生も交えて
全体討論があるのだと思います。

私は、割と早い時期から発表を頼まれていたのですが、
ほかに名乗り出る方がおられたらと思って
はっきりとした返事はしないままになっていました。
6月にJADIE(日本情報教育開発協議会)の
全国大会九州会場でも発表させていただいていましたので、
あまり出しゃばりすぎたくはないという思いもあったのです。
数日前に、より明確な形で直接依頼を受けましたので、
快くお受けしました。

私は、これまで人から頼まれたら
基本的に引き受け、精一杯そのミッションをこなしてきました。
どんなに忙しい時に依頼された原稿も書いてきましたし、
自分の身に余ると思えるような役割でも
与えられた限りは、力を尽くして果たしてきたつもりです。
そういう積み重ねが今の私を作ってくれたのだと思い、
数々の出会いに心から感謝しています。

今回の特別セッションに関して、ここ数日の間に
劇的とも言える動きがあり、
高校現場からの参加は、ある程度の数が見込める状況が生まれました。
なお心配なのは、小・中からの参加者です。
せっかく初等中等教育全体を通して
情報教育を見つめ直す貴重な機会であるにもかかわらず
参加者の人数バランスが、
あまりに高校ばかりに片寄るのも好ましくないと思うからです。

特に今、私が一番望んでいるのは
中学校の技術で情報教育を担当している先生方との交流です。
研究会主催で夏休みの終わりに実施した「情報交換会」に
中学校の技術・家庭研究会の方をお招きするつもりで
動いていましたが、それは叶いませんでした。
そういう意味で、今回のセッションは
天が与えてくれた大きなチャンスだと思っています。

聞くところによりますと、
福岡の中学校技術・家庭研究会は、
教材を集めた本を近々出版できるぐらい、
とても盛んに活動してあるらしいですね。
代表者の方の学校名・氏名はお聞きしていますので、
なるべく早く時間を見つけて学校に出向き、
私たちの研究会および
11月5日の情報処理研究集会特別セッションへの参加を
強くお願いしてみようと思っています。

福岡の地に芽生えた、小さな小さな交流の輪
小・中・高・大の教育関係者が一同に集い、
熱く情報教育への思いを語り合える場

2年の歳月を経て、参加者一人ひとりの力で、
ここまで育んできた「福岡情報教育授業研究会」に
私は限りなく大きな夢を抱いています。

小・中学校で情報教育に情熱を燃やす先生方
我が国の情報教育の在り方に関心をもたれる先生方
もし、私のこのブログを目にされる機会がありましたら、
どうか一緒に輪の中に加わってください。
ともに明日の教育を夢見て語り合おうではありませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「情報産業と社会」の授業報告

2学期制をとっている嘉穂総合高等学校は、明日で前期が終了します。
来週の3(月)・4(火)・5(水)の3日間は秋期休業です。

生徒は休みですが、私たち教職員に休みはもちろんありません。
この期間に、会議の予定もいくつか入っていますし、
業者さんに来ていただいてパソコン教室のメンテナンスもします。
この機会を利用して、中学校の訪問もさせていただこうと思っています。

今日の1時間目の「情報産業と社会」は
私にとっては、ITシステム科の前期最後の授業でした。

前時に引き続き、「情報モラル」の単元を実施しました。
例によって、教材研究の講義・板書計画です。
教科書(実教出版「情報産業と社会」)をまとめたものです。
前時の分も一緒に載せておきます。

高度情報通信社会とモラル
高度情報通信社会 (情報社会)
 …各家庭でインターネットを利用してWebページの閲覧や電子メールの送受信
  ネットワーク上につくられた仮想世界
  通常の社会と同様にモラル(道徳や倫理)が必要

A.情報社会におけるモラルと課題
(1)情報社会における個人の責任
インターネットの発展→個人による情報発信を可能に
           例)Webページの開設
             掲示板への投稿
             電子メールによる情報のやり取り

情報社会においては
 個人が発信した情報→他人や社会に大きく影響する場合がある
プライバシーや著作権を侵害する可能性有り

1.具体的な問題点
(a)CASE1 Webページ上への不適切な内容の掲載

 けんかをした友人の名前をあげ、Webページに悪口を書いたとしよう。
 この友人のことを知らない人たちが、このWebページをみたら、友人は
 どうなってしまうだろうか。
------------------------------------------------------------------
 インターネット上に公開されたWebページ
  → 不特定多数の人が見ることが出来る
    クラス紹介のWebページには、実名を入れることを許可していない
    自治体がほとんどである。
    (プライバシー保護の観点)

(b)CASE2 会社の電子メールを使った勧誘

 会社員のあなたが知人に頼まれて、会社の電子メールを使って、
 ある会社募集の案内を不特定多数の人に送ったとしよう。この場合、
 メールアドレスから、会社名を特定できることが多い。この電子
 メールを受け取った人たちは、どこにクレームをいうだろうか。
------------------------------------------------------------------
 企業や学校から発信される電子メールには、その企業や学校が特定でき
るアドレスがついている。
  クレームは、個人ではなく、会社や学校にくる

(2)知的財産権と著作権
著作権…イラストや写真、音楽、ソフトウェアなどの著作物を
    無断で使用できない権利

知的財産権の一部
 → 人々によって創作されたものを保護する権利
 ・著作権[著作権法]
 ・著作隣接権 [著作権法]
 ・産業財産権(工業所有権)
   → 特許権[特許法]
     実用新案権[特許法]
     商標権[商標法]
     意匠権[意匠法]

     法律により、保護内容や権利がどのように発生するのか
     どのくらいの期間保護されるか
     どこに登録するのか
     などが決められている。

 ※ 自分が作成したイラストや、撮影した写真が偶然見つけたWebページにあったら
 … 作者に掲載中止を求めることができるし、場合によっては
    法的手段に訴えることもできる。

著作権は、創作時に自動的に発生する。
他人の著作物を利用したい場合、必ず著作権者に利用の許可をもらうことが
必要になる。
Webページに掲載されているものについては、電子メールで許可を得ることが
一般的。
ソフトウェアを複数のコンピュータにインストールする場合、
 → フリーソフトであること
   台数分のライセンスがあること

(2)の部分の授業展開として、
最初に、
「イラスト、絵、音楽、小説などオリジナル作品を作ったことがある人、
手を挙げてください」と呼びかけたところ、少数の生徒が手を挙げました。
さらに、
「夏休みの宿題などで描いた絵や作った工作などもいいですよ」
と付け加えたところ、挙手が大半の生徒に増えました。

今から、勉強する著作権法を中心とするいくつかの法律は、
本来、違反した人を罰するために作られたのではなく、
作品の価値を認め、それを作った人の権利を保護するためのものだと
説明しました。
法律というもののイメージをマイナスからプラスに転じたいという
思いあってのことです。

著作権はどうすれば得られるかという問いかけをし、
例として、発明による特許権の場合を説明すると
案の定、著作権も特許権と同じように届け出が必要であるように
生徒は受け取りました。
そこで、著作権は届け出は必要なく、
創作時に自動的に発生する権利であることを説明し、注意を引きました。
意外に思った生徒も多かったようです。

そこで、どんな作品が著作権の対象になるか考えさせるために
黒板に「へのへのもへじ」をもじった「へめへめもへじ」を書いて
これは、私の著作物として著作権が認められるかどうか尋ねてみました。
一部、迷っている生徒もいたようですが、
多くの生徒は、私の投げかけ方から察して
著作物ではないのだろうと判断できていたようです。
オリジナル性がほとんどないからというのが、その理由になります。

続いて、前時に配付した「合法?違法?」のプリントを出させ、
この問題を解説しました。

(11) K君は自分の、文字と画像からなるWebページとデザインから構成まで全く同じWebページを発見し著作権侵害で訴えた。

さて、毎日私のブログをのぞいてくださる読者のあなた、
(そういう奇特な方がおられるのでしょうか?(笑))
すでにご自分の答を出してあったでしょうか?

この問題、過去の体験からも不正解率がもっとも高いものの1つですね。
K君の行為が合法か、違法かで判断する必要があります。
簡単に表現し直すと、この場合、K君の著作権が認められるか否かです。

あらかじめ、生徒にどちらを選んだか尋ねてみたところ、
圧倒的に○が多かったことは言うまでもありません。
しかしながら、正解は×なのです。

理由は、Webページは、もとを正せばhtml言語であり、
文字と数字の羅列に過ぎないのです。
極めて、オリジナル性が高く、
技術的にも新しいものが取り入れられていたりすれば
万に1つ、著作物として認められることがあるかもしれませんが、
通常は、文字と画像程度のWebページでしたら
著作物になりません。
「へめへめもへじ」と同様、オリジナル性に欠けるというのが、
その理由です。
おわかりになりましたでしょうか?

引き続き、生徒にとってなじみのある流行歌を例に
著作権は、作詞・作曲に対して認められるが
それを歌った歌手の人には何の権利もないのか?
と問い掛け、問題意識をもたせた上で
著作隣接権の説明をしました。

あわせて、「合法?違法?」のプリントの

(7) G君は自分のバンドでオリジナル曲とメジャーアーティストの曲を演奏し、そのライブ映像をホームページで公開した。

を取り上げました。
生徒にどちらを選んだか、尋ねてみますと
自信なさそうにではありましたが、○に挙げた方が多かったようでした。
正解は×です。

前段のオリジナル曲については、G君のバンドに著作権がありますし、
演奏に伴って著作隣接権も生じます。
後段のメジャーアーティストの曲についても
著作隣接権はあるかもしれませんが、
肝心要の著作権は、作詞・作曲者が保有しています。
個人で楽しむために、演奏するだけであればよいのですが、
ホームページ(Webページ)上で
不特定多数の人に公開するのですから、
作詞者・作曲者の使用許諾が必要となります。

では、ホームページ(Webページ)に公開さえしなければ
問題ないのでしょうか?
実は、この問題のG君、二重に著作権違反を犯しているのです。
不特定多数対象のライブで、メジャーアーティストの曲を演奏したという時点で
もう立派な著作権違反なのです。
したがって、ホームページ上での公開あるなしに関わらず、
著作権違反となります。
生徒には、一般公開(不特定多数対象)の文化祭のステージでも
メジャーアーティストの曲を演奏する場合、
許諾が必要となることを補足説明しました。

短縮授業であったこともあり、
産業財産権(工業所有権)、特許権、実用新案権、
商標権、意匠権のそれぞれについては、
名前を板書するにとどまり、詳しく説明する時間がありませんでした。
この点は、計画のまずさを露呈した形となり、
大きな反省点ですね。

また、本校の「学校案内」にアップ写真が載った生徒に
対して私が許諾を得た例をもとに肖像権についても
簡単にふれました。
「情報産業と社会」の教科書をくまなく調べてみましたが、
肖像権についての記載がないようでした。
「情報と表現」の方で取り扱う方がよいという判断なのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日々勉強の毎日です。

教師歴20年ともなりますと、
本来の専門である「生物」の場合、
教科書の中に知らない内容があるということは
まずありません。
私の場合、一社の教科書の編集に関わっていますので
なおさらです。

教科書を読んで、教材研究する際には
明らかな間違いを見つけることもあります。
私の頭の中には、「私の生物学」があり、
各単元ごとのストーリーができあがっていますから
それと教科書の記述を比較し、
必要とあれば内容を補足したり、順番を入れ替えたりも
自由自在です。

プリントを使う必要はまず感じません。
頭の中に入っていますから、
資料的なものや、問題演習など
すべて板書できる範囲内で対処できます。
例外的に遺伝の分野だけは、
自分の作った冊子を単元の始めに配付して
授業で用いていました。

このように生物学の授業には
絶対の自信を持っている私です。
例えば、今、この単元の授業をやれと
でたらめに教科書を開けて指定されても
黒板とチョーク(できれば指示棒も)があれば
すぐに授業ができます。
そのレベルに到達して初めてプロといえると
私は思っています。
受験指導に関しても、どこの予備校のどんな講師が相手でも
負けないつもりです。

翻って、「情報」は?
到底プロどころか、アマチュアの域にもほど遠いなあと
つくづく思います。
基本的な授業技術そのものは、
長年の生物の授業で培ったものが生かせますが、
いかんせん、「情報」に関する
勉強量が絶対的に足りませんし、経験も不十分すぎます。

一番いけないのが、普通科の教師である私は
普通教科情報しか教えることがないだろうと
たかをくくっていたその心構えです。
今、猛烈に反省しています。

現職教員等講習会の講師を務めて、先生方に
普通教科のみならず、専門教科情報の免許を取っていただく
お世話をしておきながら、専門情報の存在を
意識すらろくにしてこなかった私なのです。

昨年度、異動する前から
東京砂防会館で実施される
専門教科情報の研究協議会に
参加させていただけることになっていました。

結果的に研究協議会の実施は、
現任校の嘉穂総合高校異動後でしたので、
期せずして、自分がこれから飛び込む専門教科情報についての
ホットな情報をふんだんに得ることができたのです。

春からは、ITシステム科の学科主任として
専門情報の授業でも中心にならなければいけないという、
言いしれないプレッシャーに押しつぶされそうになっていた私にとって
本当に得難い貴重な体験でした。

今、実際に専門情報の中の基礎科目である
「情報産業と社会」「情報と表現」の2科目を担当して
教科書の内容を下調べする際、
必ずいくつかは知らなかった言葉や内容が出てきて
長らく忘れていた新鮮な感覚が蘇ってきます。

今日の2時間目の「情報と表現」では、
画像ファイルの種類を取り上げました。
以下は、私が教材研究の際に教科書(実教出版「情報と表現」)の
内容をまとめたものです。
例によって、アウトラインプロセッサーを用いて講義・板書計画を立てています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

各ソフトウェア独自の画像形式
      ↓
標準規格とよばれている画像形式

1.BMP
BMP bitmap
一般的な画像の保存形式
圧縮していないため、ファイルサイズがもっとも大きい

2.GIF
GIF Graphics Interchange Format
インターネット上で使われる標準的な画像の保存形式
色数が最大256色
→イラストやカットのような画像に向く
 任意の1色を透明と指定すれば、画像どうしを重ねたときに
 すけてみえるトランスペアレント機能がある。

(a)インターレースGIF
はじめ画像全体がぼやけた感じに粗く表示

だんだん霧がはれていくように画像を表示
…画像ファイルをすべて表示する前に内容を
 だいたい把握できる。
 Webページによく使われる。

(b)アニメーションGIF
画像を1つのファイルに合体し、
一定のタイミングで順次自動表示し、
あたかも画像が動いているように表現
…画像に動きがつけられる
 インターネット上のWebページによく使われる。

3.JPEG
JPEG Joint PHotographic Experts Group
フルカラー約1,677万色を扱うことができる。
写真などの場合、ほかの形式よりもファイルサイズを
小さくできる。
国際標準規格として、インターネット上でも広く採用。
ディジタルカメラの画像記録は、JPEGを拡張した
Exifがよく使われる。

4.PNG
PNG Protable Network Graphics
インターネットで使うことを目的として作られた画像の保存形式
GIFにかわる次世代画像形式
フルカラーを超える、最大281兆色までの表現が可能。
GIF同様、インターレース表示が可能。
画像に複数の透明度情報をもたせられる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この中で特筆すべきは、最後のPNGの色数最大281兆色ですね。
その桁外れな数字には本当に驚かされました。
PNGって、こんなにすごい規格だったのですね。
恥ずかしながら、今回教科書で学ぶまで、まったく知りませんでした。
自分自身のその驚きを、生き生きと生徒に伝えたつもりではあるのですが、
果たしてどうだったでしょうか。

導入部分で、Ver.3の時代から、私が十数年来使用している
Paint Shop Proというソフトは、
昔は画像変換専門のオンラインソフトであったという
話をしました。
変換ソフトが必要なぐらい、各社の規格が入り乱れていたという
事例を挙げたかったのです。

Paint Shop Proも今やVer.9の時代です。
フォトレタッチ機能も十分備え、
今や画像関係の統合ソフトといってもよいレベルになりました。
以前の軽かった時代を知るものとしては、
立ち上がりの段階から少々重くなり、
むしろ使い勝手は悪くなったように感じます。

先日、市川ラボラトリーさんの若手の営業マンの方が
学校に説明に見えました。
私が「デイジーコラージュ」の方はよく使うが、
「デイジーアート」の方はあまり使っていませんと
電話で話したことがきっかけだったようです。

1時間ほど、改めて説明を受けてびっくりしたことが多々ありました。
「デイジーアート」の最新版の7って
たったの15MBのサイズなのですね。
それでいて、Photoshopに勝るとも劣らない機能を備えているのですから
すごいなあと思います。
さらには、
・修整履歴を完全に含んだ形で保存ができる
・透明色を塗るという概念で画像処理ができる
・解像度を変換し、拡大してもリアルズーム機能でギザギザが目立たない
などといった独自の機能も満載です。

これからは、個人レベルで画像処理する際に
「デイジーアート」を大い活用したいという気持ちになりました。
まだまだ、日々これ勉強です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなトラブルが‥

今日の午前中3時間目に
普通科クラスの「情報C」の授業が行われていました。
前時に引き続き、プレゼンテーションの実習で、
生徒は思い思いに作品作りに精を出していました。
私はTTの補助者役として、いつものように
手をあげて助けを求める生徒のサポート役にまわっていました。

時間も半分を過ぎ、手をあげる生徒もいないので、
教師用コンピュータでExcelの表を作る作業をしていた私のところに
一本の電話が入ってきたのです。
相手は、上の階で授業をしてあるらしい
嘉穂中央高校のネットワーク管理者の方でした。
数分前に突然、インターネットがつながらなくなったとの知らせでした。
私は、3時間目に入る前に
準備室の自分のパソコンでメールチェックを済ませていましたから
急な話で変だなと思いながら、接続を試してみますと、
確かにつながりません。

可能性は2つです。
(1)校内ネットワーク(特にサーバまわり)にトラブルが発生した。
(2)教育センターのネットワークにトラブルが発生した。

原因を切り分けるために、すぐに校内の
インターネット用サーバを確認しにいきました。
すると、別段異常は見られませんでした。
サーバがある部屋のパソコンで試すとやはりつながりません。
サーバでインターネット接続を試みると、これはうまくいきます。
だんだん分けがわからなくなりましたが、
念のため、サーバを起動し直しました。
同時に、ルータやレイヤー3などの動作状況も調べました。

再起動したサーバでネットワーク環境を精査し始めて
異常が見つかりました。
本校(と嘉穂中央高校)では、
ローカルアドレスからインターネット接続するために
サーバのネットワークボードを2枚刺しし、
NAT(番号変換)をかける形のルーティングを行っています。
そのルーティングがまったくできていないことが判明したのです。
ボードが突然壊れたかと思いましたが、
ハード的にもソフト的にも正常に稼動しています。
いっそう、分けがわからなくなり、当惑した私でした。

しかしながら、情報科研究部会関係の仕事で
この後、メール送信をする必要がありますし、
昼休みには、生徒が図書館にインターネットを使いにきます。
何とか応急処置だけはしなければなりませんので、
ルーティングに切り替えてからは使用していなかった
proxyサーバを起動したところ、
同じ部屋のコンピュータでのインターネット接続ができました。

嘉穂中央のネットワーク管理者の方と話し合い、
とりあえず、現在教育センターのproxyに設定している
コンピュータをローカルのproxyに戻して対処しようということにしました。
教師用のコンピュータもそれでつながりはしますし、
生徒用に関しては、もともとさらに1つ前の段階で
ローカルのproxyサーバを通していますから
何ら問題は生じません。

しかしながら、メールサーバの設定を変えたりする必要はありますので、
面倒な作業であることは間違いありません。
また、ローカルproxyからセンターproxyに切り替える
きっかけになったウェブページ更新の際のFTPの問題もあります。

実は、ローカルproxyへの切り替えを考える前に
中央高校のネットワーク管理者の方と

「まさか、どなたかがさっきの時間に、サーバのアドレスを使われたとか
いうことは考えられませんか」

「我々以外にそれをする人はいないでしょう」

「そうですよね。その線はないですよね」

といったやり取りをしていたのです。
私の中で、いったんその可能性は消して対処していました。
一緒に作業していた中央の方は、ローカルproxyに変えるという
私の出した結論を受け取って、出張に出られました。

私は、やはり面倒な設定変更をしたくない一心で
なお一人ねばっていました。
そして、「まさか」と思いながらもサーバの
センター側のアドレスを変えてみると、
今までの状態が嘘のように、
隣のコンピュータでインターネットができるではありませんか!
ルーティング中のパケットの数字も
以前のようにどんどん上がっていきます。
完璧にサーバ機能がよみがえりました。

おかげで、今、準備室に戻って
こうして自分のコンピュータでブログ更新ができています。
この後、メールも予定通り送れるでしょう。

サーバだけは、なぜつながったのかという謎についても
後で考えて、理由がわかりました。
サーバのデフォルトゲートウェイは、ルータなのです。
それに対して、ほかのすべてのコンピュータは
サーバがデフォルトゲートウェイになっています。
そのため、サーバだけは外への窓が開け、
インターネットにつながったというわけです。

ネットワーク管理においては、「まさか」と思うことを疑え

いい教訓になりました。
今後、IPアドレスの管理についても
より細やかに行い、
「ネットワーク管理者の許可なく、IPアドレスを割り当てない」
などをネットワーク利用マニュアルにつけ加え、遵守してもらえるよう
機会あるごとに訴えようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「情報産業と社会」で情報モラル始めました。

『情報産業と社会」の授業』で、
「高度情報通信社会と情報モラル」の単元に
入りました。

導入で、評価規準の説明に合わせて
今後の展開について説明し、
生徒のモチベーションを高めるために

後に載せます「合法?違法?」のプリントを配り
時間を10分与えて○×の判断をさせました。
今日すぐに解答・解説をせず
あえて解かせっぱなしにした状態で
「きちんと授業を聴いて、ノートを取っていけば、
おのずから答えがわかるようにするから」と
断って、教科書の内容に入りました。

三連休明けで、開始直後、
少々少しだれ気味だった生徒ですが、
プリントを配ると、黙々と考えて解いていました。
情報モラルや著作権というものに
今一度、興味を抱かせ、
授業の内容に食いつかせるというねらいは、
一定の成功を収めたようです。

この教材は、前任校で「情報」の授業が始まった
平成15年度に、「情報A」の単元の中で
情報モラルの学習をする際に作ったものです。
福岡情報教育授業研究会のみなさんには
当時からWeb上でダウンロードできるように
提供しています。

このプリントを使って授業をしている時、
長崎県から授業見学に見えたことを思い出します。
長崎では、平成16年度から「情報」開始だったそうで、
いち早く取り組まれている「情報A」の
しかも座学の授業を見学できて、とても参考になったと
大喜びで帰られました。
お見せしたこちらも嬉しく思いましたし、
本職の生物と違って「情報」の授業を
初めて人前でお見せしたことは、
のちのちのためにも大変よい経験になりました。

さて、「合法?違法?」のプリントについて
少し説明しておきます。

参考文献としては、
一番町綜合法律事務所監修
 「PC&ネットの違法合法ジャッジ!」
株式会社 宝島社2003年刊を主に用いました。
この本は、著作権をめぐる種々のケースに対して、
弁護士の方がそれぞれ見解を述べる形で編集されており、
大変わかりやすかったです。

この本で学習していたおかげで、
昨年度の夏休みに、
教育センターで実施された
教科「情報」担当者対象の短期研修で
講師の方が作ってみえた「情報モラルテスト」に
受講者の中でただ一人
満点をいただいたくことができました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「合法?違法?」
 → 読者のみなさんも解いてみてくださいね。解答は後日お知らせします。

(1) A君はコピーコントロールされたCDを気づかずにパソコンに取り込んだ。

(2) Bさんは雑誌の付録についていた海外のオンラインソフトを使ってDVDをコピーした。

(3) C君はレンタルしてきたCDから自宅用と車用と2枚のコピーをCD-Rで作り使用した。

(4) Dさんはテレビ番組をパソコンで録画し友人に貸すためにDVD-Rにダビングした。

(5) E君は友人から借りたCDを自宅のコンピュータのハードディスクに録音した。

(6) Fさんは市販CDの音楽をBGMとして取り込んだビデオを劇場で演劇の開始前に流した。

(7) G君は自分のバンドでオリジナル曲とメジャーアーティストの曲を演奏し、そのライブ映像をホームページで公開した。

(8) Hさんは自分の個人的なホームページに引用物としてアイドルやアニメのキャラクターの画像を載せた。

(9) I君は自宅のパソコンから海外のネットカジノに参加し、大もうけをした。

(10) Jさんは特に相手に断ることもなくその人のWebページへのリンクを自分のWebページに貼った。

(11) K君は自分の、文字と画像からなるWebページとデザインから構成まで全く同じWebページを発見し著作権侵害で訴えた。

(12) Lさんは男性のふりをしてチャットに参加し、それがばれて慰謝料を請求された。

(13) M君は友達から借りたデジタルカメラに残っていた友達の子どもの写真を自分のWebページに掲載した。

(14) Nさんは参加していた掲示板でトラブルに巻き込まれ、住所などの個人情報を掲載されたので、慰謝料を請求した。

(15) O君は友達のIDとパスワードを使って有料のサイトにアクセスした。

(16) Pさんは自分のもっているパソコンソフトを学校のコンピュータにインストールして使った。

(17) Q君は今までWindowsXPが入っていたパソコンをLinuxに換え、新しく買ったパソコンにWindowsXPを入れて使った。

(18) Rさん(先生)は学校のパソコンソフトを自分のコンピュータにインストールして、学校の仕事で使った。

(19) S君は自分の使っていたパソコンソフトを箱ごと一式全部友人に売った。

(20) Tさん(社会人)は学生の弟に頼んでアカデミックパックのソフトを買い使った。

(21) U君(社会人)は自分のパソコンで使っているパソコンソフトを奥さんのコンピュータにもインストールして使わせた。

(22) Vさん(社会人)は自分のパソコンで使っているパソコンソフトを離れた場所にある実家の親のコンピュータにインストールして使わせた。
(23) W君は本来見ることのできないDVDをパソコンを改造して鑑賞した。

(24) Xさんは無線LANのついたノートパソコンを持って入った喫茶店で、無線でインターネットができることに気づき、ただでネットサーフィンを思う存分楽しんだ。

(25) Yさんはカメラ付き携帯電話で書店の本に載っているお店の地図を写した。

(26) Z君(社会人)はWebページに掲載されているフリー(無料)素材集を利用してお客さんに対するプレゼンテーションを行った。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観光に出向いて

24,25の両日、家族で1泊旅行に出かけていました。
近県のホテルに泊まって、
今日はチェックアウト後、
九州の人なら誰でも一度は行ったことがある
有名な観光地のある市町村に出かけました。

そこは、橋がメインの観光地ですので、
通り抜けるだけでひととおりの観光は済ませられます。

その後、どこを訪れようかと家族に投げかけたところ、
小学生と中学生の子どもが
そろってインターネットで調べたらと言うのです。
二人とも、前回の旅行の際に使わせたことがあり、
私がノートパソコンとAirEdgeで、
インターネットできる環境を
持ち歩いていることを知っているのです。

二人の提案にしたがって、
おもむろにgoogleで調べてみました。
結果、町の公式サイトにはつながったのですが、
今ひとつ要領を得ません。
観光地リストはあるのですが、
宣伝要素が強くて、
評価が偏っているように思えたのです。

私は、最初から期待半分、疑い半分で
インターネットに接続しましたので
さもありなんと思いました。

あまり役立つ情報は得られなかったことを
二人の子どもに告げ、
愛用のシェアウェアソフトJammingを立ち上げてみせました。
このソフトの特長として、
複数の事典・辞書の一括検索という機能があります。
観光地の名前を入力して調べると、
実に詳しく各観光地の情報が得られました。
もちろん記述は、きわめて客観的で偏りがありません。

結果として、訪れるべき観光地は
特にないという結論に達し、
島の海岸線を一周ぐるりと車でまわることにしました。
秋の気持ちのよい日差しの中、
キラキラ輝く海の美しさと、そびえたつ山々の雄々しさの両方を
いっぺんに味わいながら、楽しくドライブすることができ、
家族みんな大満足でした。

私は、その後も二人の子どもに
あえて、「インターネットは…」などとは言っていません。
今回の情報収集の過程の中で
『不易と流行』
『主観性と客観性』
といった事柄を自ら学び取ってくれればと願っています。

現在、インターネット使用の低年齢化が進んでいます。
中学校を訪問した際に、生徒さんの評価として
「自分のホームページをもっている」ということを
大きなプラス面としてPRされる先生もおられます。

果たして、インターネットはいつ頃から
どういう形で使用させるのが望ましいのか?
私はいつも考えています。
我が嘉穂総合ITシステム科も授業が始まってから
およそ半年になりますが、
まだ一度もインターネットを使わせていません。

「情報モラル」「個人情報保護意識」といった
いわゆる「情報常識」を
いかにして生徒たちに涵養するかという命題は、
生徒の心の領域に踏み込む、
いわゆる「心の教育」であるだけに
実に悩ましい問題です。

私のスタイルとして、
これもまずは教科書の内容を
自分なりにかみくだいて
練り上げてみようと思っています。
「情報産業と社会」の授業で
そろそろモラルに関わる単元に入りますので、
ここがひとつ勝負のしどころです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教科「情報」設立の背景と「情報」の課題

私は、現職教員等講習会の仕事や、参加させていただいた
研究協議会等で多くのことを学ばせていただきました。その
過程で得られた一つの結論として、高等学校の教科「情報」
は、れっきとした職業系の教科であり、産業界からの強い要
請で誕生したのだということです。

特に既存の教科では、対応できない「情報モラル」と「マルチ
メディア」の領域が必要とされた結果であると聞いています。

産業界と高等学校現場の変遷は、順序として、

(1)インターネットの急速な普及(現時点で家庭での普
及率は80%だそうですね)に伴う、予想もしなかった
形の高度情報通信社会の到来により、産業構造が大きく
変化

(2)産業界から初等中等教育における情報教育の在り方
にダイナミックな変化を求められる

(3)社会の要請に対応するため、中央教育審議会等で議
論した結果、新教科「情報」設立が決定し、新学習指導
要領に盛り込まれる

(4)平成12年度から14年度までの3年間にわたり、現職
教員等講習会が実施され、「情報」の免許をもつ教師が
育成される。

(5)高等学校において、平成15年度の新学習指導要領
施行に伴い、一斉に「情報」の授業が開始される。

みたいになるでしょうか?

当然、教科書もこの過程の中で、各社現場の教師を集め
た意見交換会を実施したり、にアンケート調査を行ったり
して作り上げられたのだと思います。

産業界の要請に対する高等学校現場の応じ方としては、
次の3段階になるでしょう。

専門学科情報科 > 専門教科情報 > 普通教科情報

これを産業に当てはめると

情報通信(IT)産業 > e-ビジネス産業 > 全業種

のような感じでしょうか。

この中で、普通教科情報に求められる教育内容は先ほど
も書きました「情報モラル」と「マルチメディア」の領域を
含む次の項目になると思います。

・情報の収集・分析・発信の能力育成
・情報常識の徹底

いわゆる3つの目標というものを私なりにかみくだき、表現
したものと思ってくださって結構です。

先日ある授業支援ソフトの会社の方と3時間ほどお話し
する機会があり、IT産業が高校現場に何を求めているかを
つぶさに伺う機会を得ました。その時の感触も参考にしなが
ら、以下それぞれの内容を具体的に書いてみたいと思います。

情報の収集と分析に関しては、今後図書館機能の再構築
や新聞を用いた教育(NIE)の研究が必要になると思
います。ブレインストーミング法(BS法)、ブレインライティング
法(BW法)、KJ法、三色ボールペン情報活用技術なども適宜
取り入れると面白いと思います。

情報の発信に関しては、模造紙・プレゼンボード等ほか
にも方法があるとはいえ、産業界がそういったものを用
いる能力を今更求めているとは思えません。ここはずば
り、コンピュータのアプリケーションソフトウェアを用
いたプレゼン能力ということになるでしょう。

わずか2単位しかない普通教科「情報」の中で生徒のプ
レゼン実習に何時間ぐらいさけるかという問題提起は、
先日の情報交換会のなかでもさせていただき、およそ
10時間ぐらいという目安を語り合ったところでした。

将来、生徒がビジネスの現場でプレゼンテーションを行
う場面を考えた時に、やはり1人で実施できる力を養い
たいと思うのです。研究活動をグループで行うのは大い
に結構ですし、協調性を養ったりできる面も期待できる
と思いますが、プレゼンに関しては、P・D・Sすべて
にわたって1人でやらせたいという願いを私自身はもっ
ています。これは、情報A,B,C問わずすべての科目
で取り上げたいですね。

「情報常識」という言葉は、教職員著作権講習会で独立
行政法人メディア教育開発センター理事長の清水康敬先
生が用いてあり、なるほどと思いました。

情報教育や教育の情報化は、「情報常識」確立抜きでは
今後進まないということを清水先生のみならず、文化庁
長官官房著作権課課長補佐の山中弘美氏もおっしゃって
ありました。

私は、「情報常識」の中身として著作権教育に代表され
る情報モラル教育と個人情報保護教育を考える必要があ
るだろうと思います。しかしながら、これをすべて教科
「情報」でのみ実施することには無理がありますので、
学校の教育活動の中に適宜取り入れる必要が出てくるで
しょう。

私たち大人ですらも十分に情報常識を確立できていない
にもかかわらず、急速なスピードで高度情報通信社会に
突入してしまった我が国は実は大変危険な状態にあるの
ではないでしょうか。よく取り上げられる長崎の事件はそ
れを端的に示したものと言えるのかもしれません。

私は、現場の教師が教科「情報」の源流である産業界の
要請を知る努力をすべきではないかと思っています。
その上で、教科書を使って授業をしてみて、中身に不十
分な点があればしかるべき手段を使って改善をはたらき
かける必要があるでしょう。

全国専門学科情報科研究協議会に2社の方が計3名参
加されていました。懇親会にもお見えでしたので、お酒を
酌み交わしながらかなりつっこんだ議論を交わすことが
できました。

両社とも、専門教科情報の教科書づくりに積極的に取り
組み、高等学校の情報教育発展に寄与したいという意気
込みを語ってくださいました。

現在私は、アウトラインプロセッサーを用いて、教科書の内
容を章・節・単元ごとに整理して、板書計画を立ててい
ます。考査問題も、国語や社会科のように本文をもとに、
空欄穴埋めや、言葉の言い換え、○×問題等を作成しま
す。

私は、生徒の学習の基本はやはり教科書だと思いますし、
これまで専門の生物では、徹底した教科書中心の授業で
一定の成功を収めてきたと思っています。これの前2つが
実際の生徒さんの偽りなき生の声ですので、私の思いが、
独りよがりなものであるかどうかは、読者のみなさんが判
断してくださればと思います。

ともすれば、教科書軽視になりがちな教科「情報」ですが、
私は微力ながら、よりよき教科書づくりの礎役を務めるべく、
日々の授業に取り組んでいきたいと考えています。よろしけ
ればこの点について、読者のみなさんの忌憚のないご意見
をお寄せくださればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生徒さんのメッセージ(情報担当以外)その2

続きです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆先生☆
先生☆短い間だったけど、面接指導や志願書の指導などして下さってありがとうございます。先生のおかげで面接のポイント等がわかりました。いつもいつもコンピュータ準備室に友だちとおしかけて迷惑かけてしまってすみません(^_^;)でも先生はいつもていねいに優しく接してくれてとてもうれしかったです。ありがとうございます。先生のことはお姉ちゃんにも聞いていて、とても先生のことは姉妹そろって好きでした!!(^^)
先生がいなくなるとあの日聞いて私はとてもかなしかったです。本当に今はいなくなる実感がないけれど、これから医療のことなど誰にたよればいいかわからないくらい先生本当に卒業までいてほしかったです。そして先生が話している姿をみてとても感動ではないけれど悲しくなって涙が止まりませんでした。友だちと2人でずっと泣きました。
先生がこの学校最後の土、日の日に、うちらは何も知らずにコンピュータ準備室ではしゃいでしまってすいませんでした!!でも勉強より先生と語りあったあの時間を貴重な時間だったなって今振り返ると思います。先生と友だちと語った体育祭のこと、先生の夢のこと、将来の看護師のこと、とても楽しかったです。あの時、先生がいなくなるのを知っていたら、もっといろいろ先生にしてあげれたのになと思いました。
AO入試前いろいろと指導して下さったのに、おちてしまってすいません。。。先生のため、自分のためにもこれから、推薦&一般入試など絶対に☆合格☆するよう全力でがんばるので、先生学校ちがっても遠くにいっても応援してくださいね!!そして卒業式には絶対にきて下さいね♡♡先生のこと本当に大好きです(^^)
今まで本当にありがとうございました。私達にこと、忘れないで下さいね!!
今までありがとうございました♡

♡大好きな先生へ♡
2年生の時から本当にお世話になりました。
最近では、先生に質問に行きいろいろな事を相談にのってくれたり、勉強のやり方とか熱心に教えてくれたり、ずっと先生がいると思って安心していました。けど、今思うと、先生は私に教えてくれているときには、転校することを知っていて教えてくれていたのだと思うと、泣いてしまうよ。2年の時に生物なのに数学をやってたりした時があってとても後悔しています。ごめんなさい。
先生がいなくなるとしって心に穴があいた感じがします。
先生!絶対志望校合格するね♡毎日、英語、国語するね!先生も体とか事故とかに気をつけて下さい。
この学校忘れないでね!
先生に合格発表報告するね♡
またあそびにきてね♡♡

P.S.高校受験の時、担当の先生でした♡

先生へ 感謝を込めて
先生との出会いは2年生の生物の授業でした。4月15日(火)。先生の第1印象はまじめそうな先生でした。しかし、先生が話している事を聞いてみると、先生はとても話がおもしろくて、何時間でも聞いていたくなりました。そのおかげで僕は生物の授業が毎回楽しみになっていました。
授業中の先生は、黒板がcolorful&キレイで1つの芸術作品でした。しかも、先生の話は生物の不思議や生物トリビアといった内容で自分はいつも『へぇ~』と言っていました。今でも話を覚えています。
①人間みなちくわ論 ②ハチ殺しの横山くん ③山極勝三郎 etc…
先生が授業中にしてくれた1つ1つの話が思いでです。先生のおかげで生物がとても好きな科目の1つになり、少しだけ、自分ももの知りになれた気がします!!
また、看護関係のことでも色々とお世話になりました。
先生が指導してくださった事を忘れず、本番では頑張ろうと思います。でも、先生がいなくなるとぶっちゃけ本当に不安です。できれば、この学校に残ってほしいし、もっと先生とお話がしたかったです。自分はきっと志望校に合格して、看護師(ナースマン)になります!!!!合格した時は絶対×2先生に報告しますね(^^)先生も新しい学校でも僕たちにしてくれた楽しい授業をしてください。そして、頑張ってください[力こぶ]僕も頑張ります☆☆
2年間、本当にありがとうございました。

先生へ
急な転勤でいきなりお別れすることになって、悲しいのと驚きでいっぱいです。先生には2年生の時に生物でお世話になっておもしろい授業で先生のことが大好きになりました。掃除時間になると、友達と3人で先生の部屋に遊びに行って、先生を困らせたりしたのを鮮明に覚えていて、きのうのことのようです。
3年生になって、先生は、1年生の担当になり、授業を受けることが出来なくなったけど、急に看護の方に進路を変更し、何も分からずに不安だった私にいつものように優しくアドバイスや学校について教えてくれたりして本当に嬉しかったです。そして、何よりも先生がいてくれたので心強かったです。AOに落ちた時も、先生が励ましてくれたのですぐに「次頑張ろう」と思えました。
3年生になって、7ヶ月、生物の授業では教わることのできないものを教えてもらった気がします。本当にありがとうございました。ただ残念なのは、受験の合格を1番に先生に報告できないことと、この学校から送り出してもらえないということです。けど、絶対に看護学校に合格します!!そして立派に卒業していくので卒業式には是非見に来て欲しいです。先生が来てくれたらみんな絶対よろこびますよ。だから福岡のトップの人に選ばれて当然だと思います。先生がこの学校からいなくなるのはとてもさみしいけど、福岡のトップの人に認められたのならうれしいです。新しい学校に行っても先生は先生らしく学校をつくっていって下さい。先生、本当にありがとうございました。

DEAR 先生
先生がこの学校からいなくなるのは、ものすごく寂しいです(>_<)先生はこの学校になくてはならない存在です!!でもここを去ってもがんばってください。私達ここの生徒は先生をいつまでも応援しています(^o^)
私は土曜セミナーでしか先生に教えてもらえなかったけど、すごく為になりました!先生の授業は楽しくて大好きです♡
私は推薦でリハビリテーション学院の作業療法学科に受かりました♪これからがんばって作業療法士になります(^_^)v何かわからないことがあったらメールします。ホントにありがとうございましたm(_ _)m

先生
今日まで本当にありがとうございました。私は2年の時理系だったので先生に生物を教えていただいて本当に生物の時が楽しく学ぶことができました。
黒板をいつもきれいにわかりやすく書いて教えてくれるから、本当に授業が楽しみだったし、とても楽しかったデス。先生がこの学校にいなくなるのは寂しくなるケド、先生から教えてもらったコトは忘れません!!遺伝とか先生のおかげで得意になったし、受験もがんばりマス。
先生もむこうの学校でがんばって下さい。そして私達のコトも忘れないで下さいね。
本当に本当に、楽しい授業をありがとうございました。
体に気をつけて、がんばって下さい。

先生へ
2年生のとき、先生に生物を教えてもらいました。その一年間+3年時の土曜セミナーだけの付きあいでしたが、いつも授業は分かりやすく自分で作ったノートにもかかわらずかなり見やすいノートが作れたと思います。
いきなりの転勤を聴き、とても驚いています。そして、とても寂しいです。新しい学校でもこの学校で過ごした日々を忘れないで(私達のことも)頑張って下さい。先生が新しい学校を作ると聴きました。絶対楽しい学校ができると思います。今までありがとうございました。これからも頑張って下さい。

先生え
先生!!いなくなるのは、ものすごくさびしいです;.;体育祭で人文字長をしていました。パソコンの仕方とか教えていただきました!!生物も1,2年、3年の土曜セミナーを教えていただきました!!生物、楽しいでした!!看護でもがんばりました!!これからもがんばります!!
先生も急な異動で大変だと思いますが、この学校を思い出しながら楽しんでください!!
ホントさびしいです(涙)メールするので忘れないでくださいね(涙)ありがとうございました。まちがってばかりでごめんなさい。

♡先生へ♡
突然の転勤ですごくおどろきました。先生の授業はとてもおもしろくて、わかりやすかったです。授業とは関係ない話を、とてもたのしく聞いていました。先生の授業がもう受けることができなくなってしまってとても悲しいです(; ;)
先生は、11年ずっとこの学校にいたのは、けっこう前から知っていました。私のお姉ちゃんもこの学校出身だったので、アルバムにのっていました。
先生に第一印象は、ぶっちゃけて言うと、ちょっとこわい印象でした。1年の時は、私は情報の授業も習ってなかったし、ろう下でちょっと見かける程度でした。でも2年生になって、先生が生物の教師と知り、少しおどろいたけど、どんな授業をするのかなぁととてもワクワクしました。私の名前も(たぶん)おぼえていなかったと思うけど、私は先生の授業でのこと、忘れずにがんばります。
あと、先生の大好物の♡大根おろしになめたけ♡は私も大好きです!!あったかいごはんにとても合うんですよねぇ~(^o^)笑。
あと、なし[なしの絵]もよく食べます!!果物は全体的に大好きだし、たくさんたべます!!で、なしを見たら先生をおもいだして、たべようとおもいます!!!
1年間もたずにお別れはとてもさびしくなるけど、これから先生も先生らしいたのしい授業をしてください!!!本当にありがとうございました!!!ときにはこの学校に遊びに来て下さい(^^)♡

先生♡
2年生になっで初めて授業を教えてもらって、すごい細かいし、黒板もきれいで、楽しかったです☆
ノートを取るのも楽しくて、先生が話してくれる豆知識、トリビアとか、知らないことばかりでうれしかった。
ノートの下の所をかけるのが楽しかったです♡
先生は、いつも楽しそうに授業をしていて、私も楽しくなってしまう感じでした。
先生が、いなくなってしまうととつぜん聞いて、かなりびっくりしました。すごく悲しくて、涙が出ました。
先生の授業を受けれないというのは悲しいです。
でも、今日までのところは先生の思いが入っているノートだと思ってしっかり勉強していきます。
これからも、先生が変わったからってなまけず、頑張っていこうと思います。
ありがとうございました!!!
先生大好きです♡♡♡
もっとまじめにきけばよかったな。
もっときれいにノートとればよかったな。
もっと手あげて発表すればよかったな。
とか、いまさら思ったりしています。
先生がいなくなるって聞いていまさら気づきました(^^;)
今度はそう思わないよう頑張ります!!
私も本当に好きなこと、夢をかなうようしっかりがんばっていきます(^_^)v
この学校にもたくさん遊びに来てくださいね♡♡
先生にはたくさん生徒がいて私のコトをおぼえてないかもしれないけど、見かけたら声かけるので覚悟してくださいね◇◇(笑)

先生え
先生、他の学校に行っちゃうんですか?(・_・、)?
今日、授業変更あるの知らなくて先生の授業に間に合うように来たのに先生の授業もう終わっちゃってました(;.;)!!
だけど、今までの先生の授業とても楽しかったです(^^)/
最後まで、生物生物は先生がよかった↓↓ぁ↓↓(; ;)
この学校に行っても、頑張って下さい!!!
先生のコト忘れないです☆☆
本当に短い間だったケド…ありがとうございました(^o^)

先生
いきなり他の学校行くなんてビックリしました。
昨日の授業の時なんで言ってくれなかったんですか(>_<)
とっても寂しくなります。
先生の授業はとてもおもしろかったです。ノートの下に書くのは落書きの好きな私にとって、とても楽しいものでした。
ノート返却してもらった時は先生のコメントがいつも楽しみでした。
でも、先生がいなくなると、その楽しみがなくなるので本当に悲しいです。
卒業するまで生物は先生に教えて欲しかったです。
余りにイイ生徒じゃなかったかもしれないけど、先生のコトは大好きでした。
先生の授業じゃない生物は楽しくないけど、がんばって勉強します。
先生も新しい学校に行っても頑張ってください。[CHU]
体に気をつけてくださいね。
短い間だったけど、とても楽しかったです。
ありがとうございました♡

先生
こんにちは。突然離任すると聞いて、本当におどろきました。本当は離任とかしてほしくないです。あんまり印象残ってないかもしれないけど、私は先生の授業が大大大好きでした!!最後の授業が昨日だったのがすごぉぉく残念です。今日離任なさるとは知らずにメガネを忘れてしまって、ごめいわくをおかけしました↓↓
最後ならちゃんとベストコンディションで授業うけたかったです(・_・、)笑
あっ!!年賀状書きたいので住所教えてください!!
最後になりましたが本当に本当にありがとうございました。

先生今までありがとうございました
僕はめっちゃ迷惑かけまくったけど、先生のこと大好きでした。
オレ絶対有名なミュージシャンになるけん、そん時は先生に会いに行くね☆
本当にありがとうございました。顔忘れんでね。またいつか会おうね♪

先生
10年以上のこの学校の勤務おつかれさまです。私は2年間総合部としてお世話になりました。先生の10年にくらべると2年なんてほんの少ししかありませんが、少なくとも他の生徒より多く先生にお世話になり、思い出もたくさんあります。
今年は去年行けなかった九州大会に出場することができました。決勝に残ることはできませんでしたが、来年の目標ができました。来年は九州大会に行って決勝に残ることです。来年は福岡であるので出場できたら見に来て下さい。
私は来年で引退ですが、先生が今まで築いてきたものを、今以上にすばらしいものにし、総合部が周りに認められ、正式な部活として活動できるように精一杯頑張りたいと思います。他の部活よりイイ成績を出しているのに何一つ学校は認めてくれない部分もあります。私たちはすごくくやしい思いをしてきました。今年は先生がいろいろと学校にかけ合ってくれて、九州大会にも三人でことができたし、遠せいのとき、家まで送ってくれたり、本当に感謝しています。
来年はどうなるかわかりません。ただ、部員を増やすことに努力し、先生がびっくりするぐらいに部員を増やしたいと思います。本当は来年も一緒に試合に行きたかったです。来年も一緒があたり前と思っていたので、こういうことになってすごく悲しいです。私たちには一言ぐらい言ってほしかったです。
まだまだ私たちは成長します。水泳を通して、人間として何かを身に付け、自分自身を育てていきます。だから先生も、この学校で身につけたことを、もっとたくさんの人に伝えてください。そしてこの学校みたいな生徒を育てて下さい!!
私たちは先生との思い出を一緒の宝物として大切にします。本当にありがとうございました。

P.S.もしよければ連らく下さい!!

先生
内緒のまま行かないでくださいよ(T.T)私たちわ、総合とか言ってるケド、一応試合出て、上に進んだりといろいろ活動した部で、先生には、たくさんお世話になったんですから!!!ありがとうございました。九州大会の時も先生ぢゃなかったら、私とMちゃんは、泊まれなかったと思うし、次の末弘も先生が宿泊をおねがいしてくださって、先生には、めちゃめちゃ感謝してます(^^)/
車出しもしていただいて!!!
これからは顧問一人になっちゃうんですか??私とMちゃんは1年生であと2年ありますケド、Yちゃんは、もう2年生なので私たちもYちゃんに思いをしてもらえるようにガンバっていきたいです!!
先生の前で私は、一度もいいトコを見せたことなかったから、それが心残りで一杯です(;.;)
だから、次の末弘見にに来て下さいよ!!!先生いなくなっても、末弘は、お泊まりできるんですかねぇ??先生がいなくなったら、総合部のことを理解してくれる先生がいなくなっちゃう~(・_・、)
来シーズンまでに頑張ってタイム上げます↑↑
先生は、他の学校に行ったら、部活持つんですか?
もし、水泳があったら、水泳部持ってくださいよ☆
そしたら、会えるかもしれないぢゃないですか(^o^)
短い間でしたけど、めちゃめちゃお世話になりましたし、ご心配もかけました。
先生、先生は他の学校行っても私たちの総合の先生ですよ!!!
忘れちゃだめですよ!!これからがんばってください(^_^)v

先生
先生が異動になると聞いてとてもおどろきました。先生の口から一言聞きたかったです。先生とは水泳の大会の時にとてもお世話になりました。先生はとてもおもしろい人でした。いつまでもそのおもしろさを忘れずがんばってください。
私も水泳でがんばるので応援して下さい。
いつまでもお元気で。体に気をつけてください。

先生
転勤になると聞いて、とっても×2驚きました。先生には、授業だけでなく、総合部(水泳部)などでも数になりましたねっっっ☆
本当にありがとうございました(^o^)
授業の時、先生が話してくれるお話は、どれも知らないことばっかりで『先生は物知りだなぁ~』と尊敬&感動していました。
次の学校でも、生徒さん達にいろ×2なプチトリビアの話しをたくさん聞かせてあげてください。
先生がこの学校からいなくなるのは寂しいけど、次の学校へ行っても、パワフルにがんばってください。
そして、またこの学校の生徒・先生に会いに来てくださいねっっっ!!まってます
追加
総合部は先生あっての総合部です(T.T)
もっと早く転勤することを知らせて欲しかったです。
先生がこの学校で私たちに教えてくれたことを絶対に忘れませんっっ!!
『保健だより』で最後に、先生のインタビューができて、本当によかったと思ってますっっ(>_<)(泣)ありがとうございましたっっっっ☆☆
私たち生徒は先生が大好きですっっ!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生徒さんのメッセージ(情報担当以外)その1

昨日の懇親会で、昨年異動した直後の研究授業の話題になり、
異動の際、生徒が書いてくれたメッセージをブログに載せますと約束しましたので、
それを果たしたいと思っています。

とりあえず、教科「情報」担当以外の生徒さん(主に生物担当)の分を載せます。
教科「情報」担当の生徒さん(似顔絵を描いてくれたのもその一人です)からは、
主に実習中に課題として出してもらったメールの中にありますので、
少々探すのに時間がかかりそうです(笑)。

それでは、かなり下の方まで行くと思いますが、おひまな方は
お読みください。現代の高校生のある面での素顔が現れているかと思います。
私にとっては、大切な一生の宝物です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

先生!!!12年間お疲れ様でした!!先生とはたった1年の間でしたけれども、非常に楽しい授業でした。先生はいつもわかりやすい図を書いてくれてノートがすっきりさっぱりでした♡♡ノートの下半分に書く先生の雑談も大好きでした☆まさにノートは教師と生徒のキャッチボールですね[スマイル]先生は愛妻家で生物学者で何げに筋肉マッチョでカスピ海ヨーグルトで、いつもうでをまくりあげてて…そんな先生を一生涯忘れません!!!だから私とクラスのことを忘れないでくださいね!!!あと、人文字の時もお世話になりました。覚えてますか?ミドリは優勝(人文字)したんですよ?もうすぐ入試なので先生のHPは終わりしだい参加させていただきます!!ではこれからもダイエーのエース新垣渚を共に見守っていきましょう!!新天地でもありのままの先生でがんばってください!!応援しています[スマイル]
P.S.きのうのspeechかなりかんどうでしたよ!!泣きました(>_<)

大好きな先生へ
先生には2年生のとき、生物を教えてもらいましたが、はじめに先生の印象は、はっきり言って、「いかにも生物とか研究してそう」って感じでした。でも授業で、教えていただくたびに、先生のおもしろさややさしさがわかりました。黒板の書き方は先生が今までで☆No.1☆です!!!あんなにはっきりとわかりやすく書かれているのは、きっと練習してるのかなと思いました!!!先生の授業で話してくれる、生物のことや、それ以外の話もとても興味深いものでした♡。
今でもよく覚えているのが、先生が毎日カスピ海ヨーグルトを食べているということです!!!もともと私はヨーグルトが好きだったので、先生の話を聞いて、もっと食べるようになりました。ハンバーガーの組み合わせは、意外にイイと言っていたのも覚えているし、先生が授業中にニュージーランド村(?)のおじさんのものまねをしたのは本当にウケました。先生は本当に生徒に好かれている先生だと思います!!!向こうの学校に行っても生徒に好かれる先生でいて下さい!!!そしてこの学校(とくにこのクラス(笑))のことを忘れないで下さい!!!私も先生のことは忘れません。今までお世話になりました。ありがとうございます。私も大学受験がんばります!!!

愛をこめて
先生!!!!!私は悲しすぎです(T_T)先生本当に好きやけん、授業はなくても話したりとか先生の顔見れるのが楽しいのでずっとおってほしかったです!!2年の時、生物の授業の担当が先生で、本当に本当に本っ当によかったですよ◇◇あの時先生じゃなかったら出会っててもこんなにスンバラシイ!先生ってこと分かってなかったと思うし!先生の授業は、本当に私たちの事すっごい考えとうの分かったし、愛情がかなりかなり伝わってきました♡♡♡
私がこれまで授業を受けてきて、1番先生の黒板がサイコーと思います!!これはお世辞じゃなくて!!先生の授業はノートとるのおもしろかった☆☆あと雑学がいっぱいで、先生の授業が毎回かなり楽しみ楽しみやったの思い出しました!!1番覚えてるのは、やっぱりアレですね!ファームランドのニュージーランドのおじさんのまねをしたのです!!あれ本当好きです。なんかこうやって書いてたら先生の授業とか、それ以外で話したこととかいっぱい思い出して、何から書いていいか分からんで普通のことしか書けません。とにかくすごく急で、先生はすごいから引き抜かれたんやけんいいことと思うけどやっぱり嫌です。もっといっぱい先生と話したりしたかったです(>_<)本当に寂しい↓↓でも先生!私たち(クラス)が大好きな先生は本当にイイ先生ですよ!!私たちのことずっと忘れないで、先生のstyleをキープしてがんばってください。絶対忘れません!!!頑張りますから先生も[ファイト]!!!!!!!!!もーーほんと好きです!!

DEAR愛しの先生
こんにちは。多分てか絶対先生は私のコトを覚えているはずですよね。本当に先生はイイ先生でございました!◎ですよ~ん◇私がノートの提出おくれすぎたときもだしたということにしてくれたし♡笑。コンピュータのことで昼休みに行ってた時も、こりずに教えてくれました。本当あれには感謝してます。ありがとうございました。先生とは、風検の時とかも、ろう下でちょっと会った時も色々話をしましたネ。奥さんのこととか♡先生の若き時代のころや♡やせすぎの話♡私はノートの半分のページに、先生のプロフィールとか似顔絵をかいていましたヨ。おぼえてますか?本当に、先生はお話好きですよね♡♡あと、最初会った時の印象と全くかわりませんね。なんか気よわで優しいってかんじで!いつまでもそんな先生でいて下さい。時々、顔をみせてくださいね◇卒業式には是非来て下さい。先生に出会えて、先生と仲良くなる大切さを知りました。カスピ海ヨーグルト食べ続けて健康でいて下さい。私もこれから自分の進路探し頑張ります。今まで本当におつかれさまでした!!!!

We miss you!
先生大好き
こんにちは。元気ですか?!私は3年生になって先生の授業がなくて、さみしいです。でも、学校からいなくなるのは、もっとさみしいです...。できれば卒業式まで居てほしかったのに...とても残念です。
先生の授業はとても楽しかったです。それにわかりやすかったし(^o^)なので、私は生物のテストで90…をとったこともあります!!!将来は看護師になりたいと思ったけど、英クラだから....でも、福祉系の仕事がしたいので、大学は臨床心理科に進みます。指定校をもらいました!!!将来はスクールカウンセラーになる予定です。
私も夢にむかって頑張るので、先生も頑張ってください。
生物のノート、大切にします!!!!!ありがとうございました。
来年はダイエー優勝しますよ☆

We miss you!
先生大好き
いろいろとお世話になりました。定期考査で満足できるような点数をとれなかったのが悔しかったです。先生がホントに熱心に生物を教えてくれたのに私の勉強がイマイチでした。スイマセン…(^_^;けど、本当に先生の授業は楽しかったです!!私なりにノートは一生懸命書きました。先生の黒板の書き方は日本☆1☆だと思っています。要点を解りやすく書いてあって、これから大人になっても忘れることのない授業です。あと、数ヶ月で私は卒業します。先生に見守られながら卒業したかったです。先生とは生徒会の方で会う機会もありました。生物も出来て、情報もできる先生はめったにいないといつも思っていました。
私はホントに先生とお別れするのが残念です。私は大学の経営学部に進路が決まりました。理数系が苦手な私ですが、先生がおっしゃたように、大学でもノートをしっかりととっていこうと思っています。また、学校に来てください!!!!帰ってきてもOKです☆☆
体に気を付けてムリせず頑張ってください!!!!!ありがとうございました。

先生様
さっきの先生の話を聞いてうるっと涙が出てきちゃいました。去年、1年間先生の授業を受けて、こんなに良い先生に出会ったことない!ってみんなで言いあっていました。授業は分かりやすい、話はおもしろい。ノートをとってても苦じゃなかったです。それに加えて先生がくれた満点は本当に嬉しかったです。「今までで1番よかった」って書かれてるのも、、すーーーっごく嬉しかったぁ。あの後(今の2年生とか)に良いノートの人は現れましたか?…実はというとあんまり現れてほしくないなーって思ってます(笑)私は先生の中で(ノートの)1番だ!」ってなっていたいからです(笑)これから高校卒業しても、大学へ行っても社会人になっても、生物のノートを大事に保管していきますね。

先生がこの学校から出ていってしまうなんて悲しすぎるっ!!でも新しい学校でも生物だけでなくトリビアなどのおもしろい話、役立つ話をいっぱい教えてあげてくださいね。

ではでは。また必ず!お会いしましょう。
卒業式、よかったら来てくださいねー。

大好きな先生へ
先生が学校を転勤なさるときいてとても驚きました(>_<)
先生がいなくなると思うと、とても寂しいです。
私は先生のおかげで生物が好きになりました!!高校に入学するまで生物は大嫌いでした…(^_^;先生の授業はとても楽しくてノートのとりがいもあって、本当に大スキでした♡
先生にはせめて私達が卒業するまで、いて欲しかったです(T_T)
だからとても残念で仕方がありません。
先生の真っすぐな姿、とても大スキでした!!!
これから私は夢に向かって頑張っていくので、先生も頑張ってくださいね。
いつかまた先生に会える日を楽しみにしています。
先生の都合の良い日、是非学校に遊びに帰って来て下さいね◇◇待っています♡♡
これからも元気な先生でいて下さいね。くれぐれもお身体には十分に気を付けて下さいね!!!
お仕事キツイかもしれないけれど頑張って下さいね。
本当に本当にありがとうございました
いつかまた絶対に会いましょう♡♡
P.S.これからも熱血なダイエーファンでいて下さいネ(笑)
私達のこと忘れないで下さいね!!!!!
Thank you!

♡千載一遇♡
せんせーッッ!!本当にイナクなっちゃうんですかぁ??
すっごくさみしくなりますね(;.;)イャだーーー(>_<)
うちは、理系の教科はすっごく嫌いだったんですけど、
先生の授業は分かりやすくて、スキでしたよ♡♡
もぉこれから先生に会えなくなるの本当にイヤだなぁ…;.;
今日の離任式の時だって、まぢ泣き(;.;)しましたよ
うちは、先生が大スキですもんっっ!!!
授業もわかりやすい様に工夫してくれてるし、
私自身もガンバラナキャッ(>_<)ってゆー気にさせられたんですよ!!!
そんな先生に出会えて、本当幸せ◇◇だなぁと思います(^o^)
中学ん時は美術部だったクセに絵がまぢ苦手だったけど、
先生の為に、がんばってNoteだってとってましたョ!!
だから、うちはこれから先も、先生のコトを忘れずに
勉強しますねっ(^^)/がんばりますっっ!!
うちは、観光系の専門学校に進学する予定ですけど、
いつかは、先生から教えてもらった生物が
役に立てる日が来るんじゃないかな~と思ってます!!
豆知識だっていっぱい教えてもらったし♪
先生が、他の学校に行っちゃうのは本当にイヤだけど…
頑張って下さいネ!!!
今まで本当にありがとうございました<(_ _)>
せんせいと出会えた事、一生◇◇忘れませんっっ!!!!
だから、先生もうちのコト忘れないで下サイね!!

Dear 先生
先生ーーー!マヂ昨日担任の先生から聞いてむっっちゃびびったっちゃけど↑↑てか何でこの時期?みたいな…(; ;)てかてかマジ悲しい。超ー急やし、全然出て行く感じなかったし(>_<)今日朝先生が前で話しよー時みーんな泣きそーで、半泣きやったのですよ↓(T.T)みんな、マジおらんくなって欲しくない先生なのになんでー!!!!って言ってて、他の先生が出ていけばいーのにィみたいな…笑!先生の授業2年だけやったけど、何かすごい良かったし、先生登山の時後の方でむっちゃしゃべったの覚えてます?奥さんの話題で超ー盛り上がって、先生ケータイ奥さんの画像でそこにおった人達が「きゃーマジLOVE LOVEやーん♡奥さんの写メ待受けにしとーヨー☆」とか言ったら先生顔赤くなって「それは奥さんがかってにしたんですよぉ~」って言ってマジラブラブぶりはっきでしたよネ
あとあと風紀ーん時も待っとー時友だちと4人で先生んとこいって色んな話ししたのとかぁ!!!あん時は、先生の高校時代の話とか校則の話とか。あとあとウチらオーストラリア行く前に天気がむっっちゃ気になって友だちと2人で先生んとこ行ったら先生めんどくさがらんではじめっから最後まで調べてくれてプリントマデしてくれた時、まじ人間として良い人間って思ったんですよーー!!そのあと、準備室みたいなとこ入ってキットカットがあったけん「先生キットカット…食べていい?」って言ったら「それは僕のじゃなくて○○先生のですよ」って笑いながら言ったのも覚えてるんですよーー◇◇でオーストラリアのお土産何がいーですか?っったら、「ネクタイにつけて止めるピンがほしいですねぇー」って言って「わかりましたァ!かってきますNe」とか言いながらバタバタして買ってきてあげれなくてしませんでした(^_^;なははッでも、昼休みの先生の全部がコンピュータによってチェンジされるのでちょっとウケましたッ☆笑 まじ、先生とのコト本っっっ当色々思い出すし、先生のコトむっっちゃスキでした(^^)あっlikeの方なんで安心して下さい!笑
3年になって先生と接する機会ナッシングだったけど、朝学校の坂のぼってる時、車でブウォーン☆って行ってる時友だちとあっっ!車で今行ったの先生やん♡♡って言ってたんですョ!でも、それももうなくなるとかほんと~~に悲しすぎます。先生の授業超スキだったし、みんな絶対スキでしたョ!先生みたいな先生人気者まちがいなしやしうちらの中でずっとおるし、ずっと人気者な先生ですョ。だから泣かないで下さいね。マタ学校来てひょこっといつもみたいに顔をだしたら先生ーィ!!とか言って行くし。それにウチ家が先生と近いし(^o^)
先生!日曜とか土曜は家族サービスしてあげなきゃダメですョ。子供&奥さんが可わいそうですぞ↓↓ダイエー戦ばっか見てないでキャンプするとか遊園地行くとか☆☆もしかしたらもうこんな事言ってくれる人もいないかもしれないんですから最終忠告!!!あーあと、先生眼鏡かっこいーけどコンタクトにした方が絶対似合う☆☆しかも、かっこいいし♡あっちでもモテモテやNe☆☆
MY BEST teachere is OIDON
先生!!忘れんでね!!!!

Dear 先生
先生、今までありがとうございました。去年、初めて授業を受けて、とっても楽しかったです(^o^)
先生には、生物の授業や、生徒会でコンピュータの調子が悪いときや、前期class matchの時、間に合いそうになくてコンピュータ室でさせてもらったことを覚えています。先生とは、水泳が共通点でいろいろな話ができて嬉しかったです☆高校で水泳をすることはできなかったことは残念だったけど、先生が色々と話をしてくれたので、友達の状況も分かってよかった(^^)今でもマスターズの大会に出るって言ってましたよね?!体に気をつけて自分の納得できるBest timeを出して下さいね。私もこれからどんな形でもいいので水泳にかかわっていけたらいいなと思ってます。先生が生徒会の顧問の先生を教えてたことには本っっ当にびっくりしました(^^;)
色々、ぐちっぽい事も言ったりしてしまったけど、昨日生徒総会を終えて、委員長を引退してみると、この1年間頑張ってよかったと思います。今、考えてみるとこれ以上できるから何か言われることもあったのかなと。この1年間責任を任される仕事をしたことは絶対、人生を生きていく上で何かタメになると信じて頑張りますっっ!! 私は、受験は一般なので、あと3ヶ月しか残ってません。けど、最後まであきらめずに死ぬ気で勉強します。(今からじゃ遅いかもしれないけど)でも。この1年間、自分のこと以外にも生徒会活動をしてきたので、何もしなかった人たちよりは、根性and体力があると思います(^_^)v絶対、合格できるように頑張るので、先生も新しい学校で頑張って下さい!!
あっちのschoolで合格できるように祈っておいて下さいねっ♡♡支え合っていきたいです!!
先生 大好きです♡♡体にきをつけて頑張って下さいね。

☆先生☆
最後の大事な大事なお礼文なのに、こんなルーズリーフになってしまってスミマセン
先生の授業は、とてもこだわりのあるとても楽しい授業で大好きデシタ♪
ノートを取るのが元々好きな私は、先生の授業でノートを取ることにいつも気合いを入れてマシタ(^^)後から見ても、すっごくカラフルで楽しかったデス
私が最も印象的だったのは、先生の『動物みなちくわ論』デス
(こんなのでしたっけ??絵についてはあまり評価しないでください(笑))
この授業の後は、クラスの中で口々に『動物みなちくわ論』!!と言ってマシタ
先生の授業はホントに日常会話の中デモ生物用語が飛びかうというグライ印象的なものデシタ☆
3年生では、担当の先生が変わってしまい、すごく残念に思ってマシタ。でも、土曜セミナーでまた、先生に教えていただけることになって、すごく幸せデシタ♡…今日マデだと知った時はすごく寂しく思いマシタ…↓↓
もっともっと教えていただきたかったデス;.; あ!デモ面接のご指導をしていただいて嬉しくて、良かったデス。試験が間近すぎて、不安になっているんですが、笑顔でがんばってきます!!本当に本当にありがとうございました☆☆

P.S.先生の授業で初めて、内職してしまいました(ゴメンナサイ↓)おかげで文章もおかしくなってしまって……↓↓今日のトコロは、先生の教科書でちゃんと復習スルので、今日は許して下さいっっ(^^;)(笑)お元気で…。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研究会が生まれ変わりました

タイトルの通り、昨日をもって
2年に及ぶ歴史を持つ
福岡地区教科「情報」授業研究会が
福岡情報教育授業研究会に生まれ変わりました。

名前はあまり大して変わってないように見えますが、
実態は大きく変貌を遂げました。
端的に書きますと、
これまでおよそ2ヶ月に1回、
数時間集まるだけであった「研究会」が
常時存在する「研究会」になるのです。
これは、「研究会」としての幅広い活動が
可能になると言うことを意味します。

会員は、右のプロフィール欄でも
呼びかけをしておりますメーリングリスト参加者になります。
悪意をもって参加するのではない限り、
教育関係者の方が情報教育に興味を持って
加入してくださるのであれば、広く受け入れたいと思います。

すでに実践例も多々集まっていますし、
教材や考査問題等の資料も相当数あります。
正直、とても一人で全部を整理するのは
できそうもないぐらいです。
嬉しい悲鳴ですね。

貴重な共有財産であるこれらのデータを
形のあるものにしたいという思いもあります。
とりあえずは、ウェブを作り直して
ディジタルデータの分については
会員がダウンロードできるようにしたいと
思っています。

昨日の第11回2周年記念の研究会で
学んだ内容をかいつまんで紹介します。

(1)会場校(修猷館高校の実践)
会場校説明

・学校教育の「コア」となる部分に働きかける情報教育

教育そのものを視野において、情報教育を位置づけられている
その姿勢が素晴らしいと思いました。
私が勤務する嘉穂総合高校は、
情報を基調とする情報科学高校といった理念を有する学校です。
その方向性を定めていく上で、
大いに参考にさせていただける内容でした。

・Critical thinkingを中心とする情報教育

「ウヒル」の話が面白かったです。
話術を身につける訓練をしてあるなぁと感じました。
とても生き生きと説明をされていたのが印象的でした。

スキーマの話は、生物学における動物行動学と
共通する内容が多く、大変興味深く聴くことができました。

また、私もよく利用するアウトラインプロセッサーを
授業で生徒に用いさせてあることにも感銘しました。
私自身も、先日「情報と表現」の座学の授業で
アウトラインプロセッサーの説明をし、
いずれ機会があったら実習内容として取り入れると
予告したところでした。
一足先に実践してある内容をお伺いし、大いに参考になりました。

Excelのワークシートのハイパーリンク機能を使った
「URL管理シート」を生徒に課題として作らせてある取り組みも
興味深かったですね。
データベースの概念を
実にわかりやすく、かつ実用的に教えてあると思いました。

(2)次期高等学校普通教科「情報」 カリキュラム(案)の提案

大学の先生が、生きのいい情報を提供してくださいました。
・教育システム情報学会情報教育委員会
・JADIEカリキュラム委員会
・情報処理学会
・教育工学会
といった学会に所属する先生方が、カリキュラム案を作って
出されるのだそうです。
詳しくはここには書けませんが、実に興味深い内容でした。
私のように普通教科「情報」のみならず
専門教科「情報」にも携わる者として
実に刺激的な内容だったとだけ紹介しておきます。

(3)中学校における情報教育実践

学校を上げて、意欲的に情報教育に取り組んでおられる
田川市立金川中学校の実践内容を
同校の公式ウェブを用いて説明されました。
各教科・各領域で学校の核として情報教育を位置づけ、
実践しておられる様子が十分に伝わってきました。

高等学校も負けてはいられないなと思います。
おそらく、私以外の高校現場の先生方も
同じように感じられたのではないでしょうか。
「教師が変われば、生徒も変わる」という原理を
改めて教えられた気がします。

以上、主な3つの内容をかいつまんで紹介しました。
実に得るものの多い会だったと思います。
この場をお借りして、主催者側の一人として
感謝の意を申し上げさせていただきます。

研究会終了後、恒例の懇親会になだれ込みました。
私がアルコールを口にするのは、
およそ1ヶ月前の情報交換会の懇親会以来のことでした。
大いに飲み、大いに語り
お互いの人間関係を高めて
また来週からの情報教育に向けたた
エネルギーを補填できたと思います。

こんなことをおっしゃったある女性の先生がおられました。
「この研究会に参加した次の時間、情報の授業に出向くと
生徒が、先生何かいいことあった?と聞くんですよ」と。
そして、その先生は
「うん。いいことあったのよ」と答えて、自分でも嬉しくなり、
とても楽しく情報の授業ができるのだそうです。
私に語られるときの輝く瞳が大変印象的でした。

いろいろと苦労もありましたが、会を立ち上げて
2年間で研究会11回、情報交換会2回と
のべ13回の懇親会をやってきた甲斐があったと
お話を聞いている私の方も大変嬉しくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は今から‥。

今、調べてみましたら
BEST BLOGサイトの「教育・学問・科学」部門で
第105位にランクされていました。
全部で420あるうちのですから、
19日に開設して
わずか4日目であることを考えると
結構すごいのかなぁ。

これもひとえに
私の拙い内容のページを訪問してくださる
皆様方のおかげです。
100位内に入る日も近いかなぁ。

別段順位にこだわっている訳ではないのですが、
目立つとそれだけ
情報教育に関わっておられる多くの仲間と
交流できるチャンスが増えるので
いいかなぁと思います。

今現在、今日の分の授業を終えて、
夕方の研究会に持参する資料等を準備している
ところです。
午後、年休を取りましたので
ほんとですと、昼休みに入ったら
すぐに出たいところではありますが、
そうもいかないようですね。
情報部会設立にご助力くださっている
校長会の会長さんにもご挨拶するつもりですので、
お渡しする資料も作る必要がありますので。

今日の研究会の会場は、私の母校でもあるのですが、
さすがに卒業してから20うん年たってますので、
もう恩師の方は誰一人おられないでしょうね。
以前、一緒に仕事をした仲間の先生は数名おられるようですが‥。

とにもかくにもなるべく早く、ここを出られるように
資料準備にいそしまないといけません。
夜は懇親会で多分遅くなるでしょうから
今日の日付での投稿はもう難しいかなぁ。
例によって、ノートパソコンとAirEdgeは持参しますから
どこかで時間が取れたら打つかもしれませんね。

あまり内容のない文章になってしまいました。
次に打つときは、何らかの情報提供ができるように
準備しておきますので、これに懲りずまた
ご訪問くださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

激動の一日がようやく‥(後編)

1時間ほど前に帰宅し
今しがた夕食をとりました。
こんな時間まで何を?
それは秘密です(笑)。

何でも遅い時間に食事をするのは
からだに悪いのだそうですね。
通勤時間が片道1時間以上かかりますから
最近は帰宅が遅く、深夜の食事というのも
珍しいことではなくなりました。

ですので、あまり気にはしていません。
基本的には、からだに悪いものは
入れず節制していますから
あくまで調べた範囲のことではありますが、
今年の検診結果はオールAでした。

オールAは学校全体で3人しかいなかったそうです。
生活習慣病で時々入院してある
事務の方に
「あんた、不健康そうばってんオールAとはね」
と冷やかされました。

さて、後編です。
今日の午後は、地元のある中学校の生徒さん
41名が来校する体験入学が行われたのです。
全校対象のいわゆる「体験入学」は
創立記念日でもある11月1日ですから
まだ先です。

現在、私は学校で主に以下に列記するような職責を担っています。
・ITシステム科学科主任
・情報管理部主任
・図書主任(図書館業務は、情報管理部の管轄)
・情報科教科主任
・教育情報化推進主任 
・ネットワーク管理者
・新築移転設備計画委員
・教育課程検討委員
・学校活性化委員 
・PTA広報委員会副委員長
・再編整備図書・視聴覚小委員会委員長
・インターンシップ企画委員
・文化祭実行委員

実は、この情報管理部という仕事がくせものなのです。
ネットワーク、サーバ管理といった内容が
いわば本職なのですが、
それ以外に、広報関係を全面的に担当しています。
公式ウェブページの管理は言うに及ばず
「学校案内」「ポスター」の制作(業者との連絡調整)
「学校新聞」「各種チラシ」の制作
などがあります。

先日は、情報管理の一貫として
個人情報保護の資料作成と
研修会の企画・運営も命じられました。

もう何でもありのデパート状態です。
書類を分類するフォルダを40個ぐらいもっていますが、
それでも足りなくなる有様です。

今日、体験入学に見えた学校は
私の担当中学校の1つです。
自分が担当して、広報活動にまわる
学校が地元の地区に3校。
他地区が全部で16校あります。

担当校以外の学校から
説明会に呼ばれた場合も
たいていは私が行って説明しています。
それというのも、昨年11月1日の創立時からの
オリジナルメンバーは
校長・教頭・事務次長のほかに
教務主任と私の計5名しかいないからです。

昨年度から嘉穂総合高校の名前を背負った
数少ない一人ですから、
広報面でも中心にならざるを得ないのです。

通常、体験入学の際は、
教務主任が中心となって運営し、
私の仕事は広報面と、自分の学科の企画・運営
ぐらいなのですが、
今日は、教務主任が十年経過研修会でおられなかったのです。
それで、通常の仕事+全体運営の仕事まで
することになり、とんでもなく忙しい目にあったという訳です。

会場設営、資料準備、司会、全体説明、
学科説明、校内見学、質疑応答、閉会行事
そのすべてをやりました。

バスで到着した一行の出迎えは、さすがに
ほかの方がやってくださっていましたが、
見送りも最後私一人でやりました。

自分の体験から思うのですが、
見送りって大事ですよね。
中学校はもちろん、大学さんや
企業さんなどいろいろな場所を訪問した際、
見送りの仕方って千差万別なのです。

面会した部屋で、お互い挨拶して、はいそれまで
というケースがあるかと思うと、
玄関に出てきて、去っていくこちらの姿が見えなくなるまで
見送ってくださるケースもあります。
どちらが心に残るか、お互い人間ですから
言うまでもありません。

夏休み前に、九州工業大学情報工学部さんを
生徒を引率して訪問した際など
先生方および学生さん全員が、
こちらのバスが発車して門をくぐるまで
笑顔で手を振ってお見送りくださいました。
感激でした。

私も、たった1人ではありましたが、
少しでも学校としての誠意をお伝えしたいと思って
バスが校門をくぐり、車道に出るまで
手を振って見送りました。
その動作がごく自然にできている自分に気がついたとき
あぁ、こんな私でも少しは成長できているんだなぁと
少し嬉しくなりました。

結局、お昼ご飯どころか飲み物を飲む時間もなく、
午後の時間が過ぎ去っていきました。
その間の私のエネルギーを支えたのは、
朝食として口にしたみそ汁とヨーグルトだけでした。
それでいて、大して空腹も感じない私って
いったい何なのでしょう(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

激動の一日がようやく‥(前編)

今日はいつもに増して忙しい一日でした。

十年経過研修の出張がらみの曜日変更に
体育祭関係の時間変更が重なって、
午前中1,2,3限と3連続授業になりました。
1限めは、専門教科情報の「情報と表現」
2,3限めは、TTで入っている普通教科情報の「情報C」です。

「情報と表現」は、いつもは私らしく
しっかりとノートを取らせて座学でやるのですが、
25日(日)に情報処理検定を全員受検させることもあり、
研究会の仲間の先生が作られた
情報処理検定対策のソフト(Excelのマクロ)を使わせて
しっかりと準備させました。
O先生、ありがとうございます。
また、折り入ってお礼の挨拶をさせていただきます。

「情報C」は、プレゼン実習に入っています。
主として授業に当たる先生が、前時までに
ひととおりPowerPointの使い方を説明してありましたので、
今日は、生徒が自主的に動いて作品作りに精を出していました。
テーマは、「自分の紹介」です。
趣味・特技や部活動等の内容を入れている者が多かったようです。

私は、午後に大変な仕事が控えていたのもあり、
いつもは補助者役でS.O.Sを発する生徒の手助けにまわるのですが、
今日は、実習助手の方も入ってくださったこともあり、
準備作業を並行してやらせていただきました。

毎時間、実習を始める前に
「パスワード忘れは?」と問いかけ、名乗り出てきた生徒に
教えるのが常です。4月から半年近く経過していますので、
当然平常点(本校では学習点と呼んでいます)減点です。

そのたびに、「こげんと覚えきらん!」と
まるで覚えさせる私たちの方が悪いみたいな言い方を
する生徒たちです。
「社会に出たら、もっと桁数の多いパスワードをおぼえて
ネットワークに入らないと仕事にならないよ」と
諭すのですが、果たしてどの程度思いが届いているのやら‥。

本校のパスワードは桁数が少ないので、それほど苦にはならないと
こっちは思うのですが、生徒はそうではないようです。
暗記をするということそのものが嫌いなのでしょう。
ひるがえって、我がITシステム科の生徒は
パスワード忘れで減点されるものは、さすがにもういません。
この辺は、実習の時間数の差もあるでしょうが、
「情報」の授業に対する意識の差も
表れてきているのかな?と考察しています。

唯一の空き時間であった4限めは、実習の後片付けと
午後使用するための準備、その後、小票提出作業といった感じで
あっという間に過ぎ去っていきました。

長くなりましたので、午後の出来事については
また改めて投稿することにいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンクが張れないので困っています…

今、仲間(単なる仲間と言うより、良きパートナーといった間柄)
の先生のブログにコメントをつけてきました。
早速、私のこの「生物教師の情報教育奮闘記」に
リンクを張ってくださってありとても感激しました。

実は、私もブログ開設と同時にあちらのページにリンクを張りたいと
思ったのです。

しかし!

このExciteのブログは、
(1)スピードが速い、
(2)ノートのデザインがすばらしい
(3)何とpdf出力が可能
という3つの利点があるにもかかわらず、
リンク機能がないか、
あっても使い勝手がよくないのです(泣)。
どうすれば、同等のことがやれるのか
いまだによくわかりません。

よく、人から私は新しもの好きで
メカにものすごく強いというイメージを抱かれてしまうのですが、
みなさん、よく考えてください。
私は、生物の教師なのです。
生き物の体内で生じる、人知を超えた摩訶不思議な営みに
何より魅力を感じるからこそ、この職に就いたのです。
本来コンピュータの世界からは、人並み以上に
縁遠い人間です。

どなたか、Exciteのブログの仕組みに詳しい方
こんな私に救いの手をさしのべて、リンクの張り方を教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

google検索の分…

右のプロフィール欄で、google検索のリンクをご覧になられた方は
おわかりだと思いますが、中間考査の成績うんぬんが出てきますね。
考査問題を作ったり、採点したりはしますが、いまさら試験を受けはしません(笑)。
ということで、この分については全国どこかにいる同姓同名の方のものです。

それ以外は、すべて正真正銘私に関わる内容です。
現在、一番上に出てくるのはOffmediaというソフトの作者さんの掲示板です。
Offmediaはシェアウェアですが、
試用期間とシェア料金支払い後との差である「検索機能」は
バグだらけで全然使いものになりません(笑)。
作者の方は、改善できたつもりでおられるようですが‥。
しかしながら、それを差し引いてもこれはいいソフトですよ。
「検索機能」を利用しなければ、お試しで十分ですしね。

リムーバブルメディアのデータベースとしては、
有名なVirtual CD-ROM Case とかメディアステンシルとかありますが、
登録にものすごく時間がかかりますし、独自のウィンドウが開きます。
このOffmediaはWindows標準のエクスプローラーに
機能が組み込まれるところが、またいいんです。
実に手になじむツールとして、もう手放せません。

私は、リムーバブルメディアとしてDVD-RAMを愛用しています。
もちろんケース付きです。
両面で9.4GBありますから、バックアップにももってこいです。

自作のデスクトップ機すべてにドライブを装備した上に、
ノート用の外付けドライブを自宅と職場に1台ずつ置いています。
すべてPanasonic製で、のべDVD-RAMドライブを15台所有しています。
これはちょっとした自慢ですね。(単なるおばかさんという声も聞こえてきますが(笑))

このメディアすべてのデータをOffmediaで管理し、offmediaのデータ自身は
Justsystemのインターネットディスク上に置いています。
したがって、インターネットに接続できる環境さえあれば
何かのデータが必要な時、それが何番のディスクにあるか
すぐに調べられるという仕組みです。

私は、AirEdgeを年間契約していますから、
およそ全国どこに行っても、ノートパソコンとAirEdgeでインターネットができます。
月5000円という金額は、その安心感を考えると妥当な線かなと思います。
もう少し安くなると言う事はないのですけどね。

先日、情報部会の仕事で2度ほどFAXも使いました。
これは、AirEdgeを運用するWilcomさん提供のサービスで
同社のPRINで接続した場合に限り、一枚40円で送れるというものです。
いつでもどこでもFAX可能というのも安心感という意味では大きいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

課題の評価

現在、情報実習の時間に生徒に作らせた課題を評価しているところです。
内容は、「情報と表現」の文章表現の単元で取り上げた
ワープロによる「チラシ作成」です。
実教出版さんの「情報と表現」に載っている課題です。
学校の文化祭で、自分が代表を務めるボランティアクラブが
実施するバザーの案内チラシを作るというものです。

私は、教科「情報」の座学・実習を行う際に
必ず、前もって生徒に評価規準
(基準の誤字ではありません、念のため)
を伝えています。通常は、A,B,C三段階評価の場合の
B評価の到達点です。

案内チラシの場合、評価規準は次の通りです。

(1)情報実習の時間内に提出すること
(2)指示された項目をきちんと満たしたものになっていること

さらに上のランクのAとして、
(1)チラシのレイアウトに工夫を凝らしていること、
(2)差し込むイラストをサンプルそのままではなく、
自分のオリジナル作品を用いたりしていること
を想定しています。

このように評価規準を明確にしておくと、
かなり客観的に評価できるように思います。
また、生徒も合格ラインを把握した上で
作品づくりをしますから、自己評価ができます。

私は、平成12年度から14年度の3年間にわたり、
新教科「情報」の現職教員等講習会の講師を務め
させていただきました。

また、昨年度は専門教科情報の研究協議会、
今年度は専門学科情報科の研究協議会といった
いずれも東京で実施された全国規模の協議会に
参加させていただくこともできました。

このような過程で、教師経験20年を経た今、
あらためて、「評価」というものを見直す機会に恵まれました。
教科「情報」における評価活動の取り組みは、
本職の「理科」の授業にも大いに活かされています。

教科「情報」は、専任教師が少なく、
普通科の学校の場合、
ほとんどは、数学・理科・家庭の先生の兼任になっています。

昨年、地元の新聞では、そのことを問題視するような
記事も掲載されましたが、私は考えようによっては
プラス面の方が多いように思います。

数学・理科・家庭のそれぞれの教科で培われてきた
指導ノウハウを情報の授業に活かすことができますし、
私のように、情報を担当したことで、本職の授業改革に
役立てられるといった例もあるからです。

全国津々浦々の高等学校で、兼務の形で
「情報」の授業に取り組んでおられる先生方が
おられると思います。

このブログを通して、そういった先生方と
授業の在り方や、評価方法等について
情報交換できたら、こんなにうれしいことはありません。
どうぞご覧になられた方は、お気軽にコメント等
お寄せいただければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

改めてブログを作ってみました

個人的な内容のブログは、以前に作っていましたが、もうずっと更新していません。

それを削除した上で、仲間のY先生のまねをして、
日々の情報教育実践に関するブログに作り替えようかとも思いましたが、
コメントやトラックバックをいただいていることもあり、
それはそれで残して、こちらに新たに作ることにしました。

読者の方のお役に立てる内容をどれだけ書けるかについては
あまり自信はありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年10月 »