フォト

コンタクト

自己紹介文

本職は高等学校の生物の教師です。縁あって17年度開校の新設校で専門学科情報科(ITシステム科)の学科主任を務めておりましたが,人事異動で,母校でもある普通科高校に転勤になりました。現在は,理科(生物)と情報(情報の科学)の2教科を担当しています。

経歴です。

福岡市生まれ。

福岡・札幌両市が政令指定都市になったことを記念して行われた交換少年記者団派遣事業に最年少(小5)で選ばれる。札幌で地下鉄について書いた取材記事や感想文等が読売新聞に掲載される。

西南学院中学校卒業。

福岡県立修猷館高等学校入学。

水泳部入部。

新人戦中部地区200m自由形3位入賞。

全九州水泳大会(宮崎)に800mリレー選手として出場。

新人戦県大会200m自由形5位入賞。

福岡県立修猷館高等学校卒業。

鳥取大学農学部農芸化学科卒業卒業論文にて,自ら世界で初めて合成に成功したN-アニリノアセチルキトサン(教授命名)を公表。

福岡県立城南高等学校・福岡県立筑前高等学校において常勤講師を務める。

福岡県立学校教員に新規採用され,嘉穂東高等学校に赴任する。新規採用以来、人権教育・平和教育・性教育・エイズ教育・環境教育・総合的な学習等いわゆる人間教育の実践に精力的に取り組むかたわら,看護・医療系の受験指導にも力を注ぎ,大きな実績を残す。 (医療現場に看護師,理学療法士など教え子約300名を送り出す)

福岡県立嘉穂東高等学校文化祭において,教室を植物細胞に見立てる展示を行い,西日本・朝日・毎日3社の取材を受け,大きく新聞に取り上げられる。

「性教育」に関する体系的な研究活動を行い,国と県に対するあるべき性教育の提言書をまとめる。 (福岡県高等学校新教職員組合テーマ別研修会「性教育」)

「エイズ教育」に関する体系的な研究活動を行い,『エイズ教育のために』という冊子を刊行する。同時に,国と県に対するあるべきエイズ教育の提言書をまとめる。 (福岡県高等学校新教職員組合テーマ別研修会「エイズ教育」)

福岡県立太宰府高等学校に異動。

毎日新聞社の取材を受けた際,エイズ教育の授業公開を依頼され,2時間の授業を実施する。

HIV感染者 草伏村生さん(ペンネーム)と大分市にて会談する。

県下各地および近県の学校・公共団体等からの性教育・エイズ教育に 関する講演依頼多数(約30回)。

「環境教育」に関する体系的な研究活動を行い,国と県に対するあるべき環境教育の提言書をまとめる。
 (福岡県高等学校新教職員組合テーマ別研修会「環境教育」)

全国高等学校視聴覚教育研究協議大会福岡大会にて,「性教育・エイズ教育における視聴覚器材の利用」というテーマで発表。

福岡県人権教育副読本「かがやき」執筆委員に選ばれる。 生命尊重と異文化理解を担当し,生命尊重分野の教材として執筆した 『花子さんの休日』が「かがやき」に掲載される。

第2回全国環境フェア(太宰府市)高等学校部会にて福岡県立太宰府高等学校における環境教育の取組みを発表。

福岡県教育センター短期研修にて,「身近な生物を用いた環境教育」というテーマで講演。
第1回全国環境学習フェア(神戸市)に県を代表して参加。

福岡県教育センター短期研修にて,「生きる力を育む特別活動」というテーマで講演。

新教科「情報」指導者研究協議会(九州大学)に参加。

第1回教育情報化推進指導者中央研修講座(つくば市)に参加

平成12年~平成14年
新教科「情報」現職教員等講習会講師を務める。

福岡県立太宰府高等学校を会場とするIT講習会(全5回)の講師を務める。

大分マスターズ水泳選手権大会25m自由形,100m自由形いずれも3位入賞。

福岡地区教科「情報」授業研究会(現福岡情報教育授業研究会)設立。現在までに定例研究協議会26回,研究発表会6回を開催する。
現在も代表を務める「福岡情報教育授業研究会」は,他県も含めた小学校,中学校,高校,大学,専門学校の教師約100名の会員を有する情報教育研究会として,その活動ぶりに対し各方面からの注目を集めている。

福岡県高等学校理科研究部会福岡地区生物部会研修会にて,「コンピュータソフトウェアを活用した生物の授業」というテーマで講演。

福岡県立嘉穂総合高等学校に専任教諭として異動。

福岡県立太宰府高等学校において,福岡地区教科情報授業研修会における研究授業2時間を実施。

全国専門教科情報研究協議会(東京)参加。

九州工業大学情報工学部総合演習にて,「総合的な学習の在り方」をテーマに講演。

日本情報教育開発協議会(JADIE)全国大会福岡会場にて発表。
        
全国専門学科「情報科」研究協議会(東京)に参加し,分科会発表。

事務局長として,福岡県高等学校情報科研究部会設立に尽力。

平成17年度情報処理教育研究集会特別セッションにて「座学を中心に据えた教科情報」をテーマに発表。

実教出版社教科「情報」授業支援セミナーに講師として参加。

九州工業大学情報工学部総合演習にて,「総合的な学習の在り方」をテーマに講演。

福岡県高等学校理科研究部会筑豊地区生物部会研修会にて,「コンピュータソフトウェアを活用した生物の授業」というテーマで講演。

全国専門学科「情報科」研究協議会に参加し,全体会発表。座学を中心に据えた教科「情報」の授業について行った発表内容に対し,多大な反響を受ける。

福岡県高等学校情報科研究部会第2回研修会において,高校現場を代表し,パネリストを務める。

全国専門学科「情報科」研究協議会(鳥取)に参加し,分科会発表。

「福岡県高等学校情報科研究部会」および「福岡情報教育授業研究会」2団体名において中央教育審議会に教科「情報」必修存続の要望書をとりまとめ提出。

2カ年にわたり,九州工業大学情報工学部免許法認定公開講座(情報専修免許)受講終了。本年度中に専修免許取得予定。

「人権感覚育成モデル校事業」授業交流にて,嘉穂総合高等学校を代表し,研究授業を実施。

福岡県立修猷館高等学校に異動。

高校教科「情報」シンポジウム九州(ジョーシン九州)において,「専門教科情報に学んだ3年間」をテーマに講演。

論文
 「エイズ教育実践 『性』は『生』の授業を展開」(小学館高校教育展望)
 「文化祭企画 植物細胞の内部構造を巨大スケールで再現」(小学館高校教育展望)
 「セキュリティ意識の高揚を目指した授業の実践例」(開隆堂出版情報誌CANNEL)
 「情報A実践事例 電子メールを使いこなす」(第一学習社情報誌エデュカーレ)
 「情報を基調とする総合型高校における専門教科『情報』の授業」 (日本文教出版情報誌ICT-Education)

 「教科『情報』を前向きに,向上心の糧として」(数研出版情報誌i-Net)

 「コンピュータに頼らない情報活用の実践力育成」 (平成19年度校長会推薦東京海上日動教育振興基金懸賞論文)
 
「情報モラル教育への取組とLinuxを用いたネットワーク実習」 (「産業と教育」文部科学省コーナー平成19年12月号)

 「情報Cにおける情報の科学的見方・考え方」~KNOPPIX Eduを活用したネットワーク実習の工夫~(実教出版情報誌)

 「情報を基調とする学校および情報専門学科の設立」
日本情報教育開発協議会(JADIE)全国大会福岡会場にて発表

 「情報系大学との連携事業」
平成17年度全国専門学科「情報科」研究協議会にて発表

 「座学を中心に据えた教科情報」
平成17年度情報処理教育研究集会特別セッションにて発表

 「オンラインソフトを活用した教科情報」
実教出版社教科「情報」授業支援セミナーで発表

 「マルチメディア系の授業実践」
平成18年度全国専門学科「情報科」研究協議会にて発表

 「ネットワーク実習と情報モラル教育への取り組み」
平成19年度全国専門学科「情報科」研究協議会にて発表

 「専門教科情報に学んだ3年間」
高校教科「情報」シンポジウム九州(ジョーシン九州)にて発表 ほか多数

編著書
 「エイズ教育のために」
 「エイズ教育資料集 -教師・保護者のために-」
共著
   福岡県人権教育副読本「かがやき」
[ 教科書 ]
協力
   高等学校 生物    東京書籍
   高等学校 生物基礎 東京書籍
共著
   高等学校 情報テクノロジー 実教出版
[ 問題集等 ]
   IT・Literacy プラクティス「情報科」一太郎編  日本文教出版 ほか多数

興味のあること

水泳,生物教育,情報教育